1. トップページ >
  2. ニュースボックス >
  3. バックナンバー >
  4. 秋田県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果について
  1. トップページ >
  2. 生活便利情報 >
  3. くらし >
  4. ごみ・環境 >
  5. 秋田県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果について
  1. トップページ >
  2. ニュースボックス >
  3. 秋田県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果について
  1. トップページ >
  2. ニュースボックス >
  3. 新着ニュースボックス >
  4. 秋田県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果について

秋田県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果について

PM2.5とは
大気中に浮遊する粒子状物質(Particulate Matter)のうち、粒径2.5マイクロメートル(μm)以下のものを微小粒子状物質(PM2.5)と呼んでいます。PM2.5は粒径が小さいことから、肺の奥深くまで入り込みやすく、人への健康影響が懸念されています。
PM2.5の環境基準:1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。(平成21年9月9日告示) ※1μg = 0.001mg = 0.000001g (μg:マイクログラム)

詳しくは環境省のサイト(こちら)をご覧下さい。

 

注意喚起のための暫定的な指針

レベル 暫定的な指針
となる値
行動の目安 注意喚起の判断に
用いる値※3
 
日平均値
(μg/㎥)
午前中の早めの
時間帯での判断
午後からの活動
に備えた判断
 
5時~7時 5時~12時  
1時間値
(μg/㎥)
1時間値
(μg/㎥)
 
70超

不要不急の外出や野外での長時間の
激しい運動をできるだけ減らす
(高感受性者※2においては、体調に
応じて、より慎重に行動することが望
まれる。)

85超 80超  
70以下 特に行動を制限する必要はないが、
高感受性者では健康影響が見られる
可能性があるため、体調の変化に注
85以下 80以下  
(環境基準) 35以下※1  

※1 環境基準は環境基本法第16条第1項に基づく人の健康を保護する上で維持されることが望ましい基準。
    環境基準の短期基準は日平均35μg/㎥であり、日平均値の年間98パーセンタイル値で評価。
※2 高感受性者は、呼吸器系や循環器系疾患のある者、小児、高齢者等。
※3 暫定的な指針となる値である日平均値を超えるか否かについて判断するための値。  

 

県内の測定体制について
秋田県では、由利本荘市、男鹿市、能代市、横手市の4箇所でPM2.5の測定を行っています。このほか、秋田市では将軍野測定局と茨島自動車排ガス測定局の2箇所で測定が行われています。

名  称 所 在 地 設置年月
能代西測定局 能代市常盤町(能代工業高校) 平成24年1月
横手測定局 横手市旭川(平鹿地域振興局福祉環境部) 平成24年11月
本荘測定局 由利本荘市桜小路(尾崎小学校) 平成25年6月
船川測定局 男鹿市船川港船川字泉台(男鹿市役所近隣)

平成25年6月

将軍野測定局 秋田市土崎港北(土崎駅東第三街区公園地内) 平成23年4月
茨島自動車排ガス局 秋田市茨島(秋田市茨島体育館地内) 平成25年2月

 

秋田県内の測定値の状況について
秋田県内の測定値の状況については秋田県のサイト(こちら)をご覧ください。

-お問い合わせ-
市民生活部 生活環境課
電話番号0184-24-6253
FAX番号0184-24-0228
メールアドレスkankyo@city.yurihonjo.akita.jp

  1. トップページ >
  2. ニュースボックス >
  3. バックナンバー >
  4. 秋田県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果について
  1. トップページ >
  2. 生活便利情報 >
  3. くらし >
  4. ごみ・環境 >
  5. 秋田県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果について
  1. トップページ >
  2. ニュースボックス >
  3. 秋田県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果について
  1. トップページ >
  2. ニュースボックス >
  3. 新着ニュースボックス >
  4. 秋田県内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果について