7月26日(月) はてな観察教室


市内の小学5・6年生を対象に、はてな観察教室が行われ、
21名の児童が参加してくれました。
今回使う実験道具です。どんな実験をするのかな?
@ カルメ焼きをつくってみよう (詳しい説明)
昔は、夜店などで良く売っていたカルメ焼きをみんなで作ってみました。とても簡単にできると思っていましたが、125℃になるまでがとても長く、思った以上に大変です。結果は・・・少しふくらんだ班もありましたが、ほとんどの班が上手くふくらますことができませんでした。カルメ焼きを作るのはとても難しいです。
A コップでプラ板を作ろう (詳しい説明)
スーパーやコンビニで売っているプラスチックのコップをオーブントースターで熱すると、どうなるでしょう?コップは熱のためにやわらかくなってぺちゃんこになり、それが冷えるとプラ板のようになります。そこで、コップにマジックで自分の好きな絵やもようをかいて、すてきなプラ板を作ってみました。
B アルミニウムが磁石に反応? (詳しい説明)
途中に穴のあるすべり台の上から1円玉をすべらせます。何もない状態なら1円玉は穴を飛び越えますが、穴の前に磁石を置くと磁石のところでブレーキがかかり、1円玉は穴へ落ちてしまいます。まるでマジックのような実験に「すご〜い!」「何で??」と不思議がる児童たち。先生からどうしてそうなるかの説明を聞いて「なるほど〜!!」と納得していました。