『水の瀬きよき-学校疎開の記録』増補改訂版の発刊について

 

 昭和20年5月から10月までの間、東京女子高等師範学校附属高等女学校本科1、2年生の生徒109人が、当時の石沢村に戦時疎開されました。

 このたびその生徒たちにより『水の瀬きよき-学校疎開の記録が発刊されます。

 この本は1996年に私家版文集として発行した「水の瀬きよき」を増補・改訂したもので、新たな資料・座談会を加え復刊したものです。

 当時の疎開生徒と石沢地区住民の交流は、「絆の茂里」をシンボルとして今も続いており、この本は疎開生徒の生活や心情が綴られているのみならず、由利本荘市の歴史の一端を伝えるものであります。

 ぜひ皆さまお買い求めください。

 

○書名   : 『水の瀬きよき-学校疎開の記録』

○編者   : 鈴木 道子

○発刊所  : (株)文芸社

○体裁   : ソフトカバー 333ページ

○定価   : 1,512円(本体1,400円+税)

○問合先   : 石沢地域振興会(由利本荘市舘字中島372)

         TEL0184-29-2111