犬を飼うには

犬を飼うには

犬の登録

生後91日以上の飼い犬は、生涯に1回の登録が必要です。生活環境課または総合支所市民サービス課で登録してください。犬が亡くなったとき、犬の所在地の変更があったとき、犬の所有者の住所、氏名または名称に変更があったときも、届出ください。死亡の届出には、鑑札と狂犬病予防注射済票を添付してください。

狂犬病予防注射

狂犬病は、人も動物も発症するとほぼ100%死亡する病気です。このため、犬に対する狂犬病予防注射は毎年、受けさせなければなりません。予防注射は、動物病院でできるほか、市でも各地域で接種できるよう指定日を設けて実施します。指定日や会場は広報紙等でお知らせします。