【注意喚起】新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意ください。

新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談が、全国の消費生活センター等に寄せられています。
被害の未然防止のため、新型コロナウイルスを口実にした悪質な事例と対処法をお知らせいたします。

相談事例1 マスクを無料送付するというメッセージがスマートフォンに届いた

「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付する。確認をお願いします」と記載され、URLがついたSMSがスマートフォンに届いた。怪しいのではないか。

相談事例2 不審なマスク販売広告メールがスマートフォンに届いた

産業資材を扱うメーカー名の送信者名(差出人名)で、マスクの画像と共に「ウイルス、バクテリア、PM2.5、H7N9などをろ過して、汚染された空気の侵入を対策します」などと記載され、「ご購入はこちら」とURLが付いたメールがスマートフォンに届いた。価格は30枚41,800円と高額で「新型コロナウイルスの影響により、物流時間が長くなる可能性があります」などとある。怪しいので情報提供する。

・心当たりのない送信元から怪しいメールやSMSが届いても、反応しないようにしましょう

 

相談事例3 新型コロナウイルス流行拡大の影響で金の相場が上がるとして、金を買う権利を申し込むように言われた

突然自宅を訪問してきた業者から、「新型コロナウイルスの影響で中国の経済がガタガタになっている。金の相場が上がることは間違いない。今申し込めば、高騰する前の金額で金を買う枠が当たるかもしれないから、すぐに申し込んだ方が良い」と勧誘された。業者の話は事実か。

・新型コロナウイルスに便乗した悪質な勧誘を行う業者には耳を貸さないようにしましょう

 

相談事例4 市役所職員を名乗った不審な電話がかかってきた

市役所の職員を名乗る男から非通知で電話があり、「新型コロナウイルスが流行しているので、気を付けるようにと高齢者に電話しています」と言われた。本当に市役所が電話をしているのか。 

相談事例5 「行政からの委託で消毒に行く」という電話がかかってきた

「新型コロナウイルスの感染を防ぐために、行政から委託を受けて消毒に回っているが、どうか」と、業者からの電話が自宅にかかってきた。行政とはどこか、と尋ねたが答えなかった。費用はかかるのか、と聞くと、「面積によって違う」と言われ、要領を得なかった。翌日も同じ業者から電話があり、「新型コロナウイルス感染防止のパンフレットを持参したい」と言われ、要らないと答えて電話を切った。悪質な業者だと思う。

・市役所などの行政機関の職員を名乗るあやしい電話はすぐに切りましょう
・「行政から委託を受けている」と言って自宅を訪問しようとする業者からの電話には応じないようにしましょう


詳しくは、次のウェブサイトをご覧ください。