衣類の洗濯表示が変わりました。

平成28年12月1日から衣類等の洗濯表示(取扱い表示)が変わりました。
新しい洗濯表示は、洗濯記号の種類が22種類から41種類に増え、繊維製品の取扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになり、洗濯トラブルの減少が期待されます。
また、新しい洗濯表示は国際規格と同じになることから、国内外で洗濯表示が統一されることになり、海外で購入したり海外の通信販売で購入した衣類等の繊維製品の取扱いなどを円滑に行えるようになり、消費者の利便性の向上が期待されます。

詳細は、消費者庁ホームページをご覧ください。