改正道路交通法が施行されます

平成29年3月12日(日)より、改正道路交通法が施行されます。

改正点の概要は下記および下部リンク先の資料によりご確認ください。

 

1)高齢運転者対策の推進

 ・「臨時認知機能検査」と「臨時高齢者講習」の新設

 75歳以上の運転者が一定の違反行為をした場合、「臨時認知機能検査」を受けなければなりません。また、同検査により認知機能の低下が運転に影響すると判断された場合は、「臨時高齢者講習」を受けなければなりません。

 

 ・臨時適正検査制度の見直し

 免許更新時の認知機能検査または臨時認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判定された場合は、臨時適性検査(医師の診断)を受けるか、主治医等の診断書を提出しなければなりません。

 

 ・高齢者講習の合理化・高度化

 認知機能検査の結果、「認知症のおそれ」や「認知機能の低下のおそれがある」と判定された場合は、3時間の高齢者講習を受けることとなり、「認知機能の低下のおそれがない」と判定された場合および75歳未満の方の講習時間は2時間に短縮されます。
 

 

2)準中型免許の新設

 ・準中型免許では車両総重量7.5トン未満(最大積載量4.5トン未満)の自動車を運転できます(普通自動車を含む)。

 ・準中型免許は、普通免許なしでも18歳から取得できます。

 ・普通免許で運転できる自動車の車両総重量(最大積載量)は、「5トン未満(3トン未満)」から「3.5トン未満(2トン未満)」に引き下げられます。

 ※ただし、すでに普通免許を保有している方の運転できる自動車の範囲は、改正後も変わりません。