マイナンバー通知カードについて

マイナンバー通知カードが令和2年5月25日に廃止されました。
通知カードの取り扱いが変わっておりますのでご注意ください。

マイナンバー通知カードとは

通知カードとは、住民の方々にマイナンバーを通知するもので、
平成27年10月中旬以降、住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留により郵送されています。
マイナンバー通知カードは令和2年5月25日に廃止されました。
通知カードイメージ














廃止後の取り扱い

廃止後は、通知カードに関する以下の手続きができません。
 1.氏名・住所などの記載事項の変更手続き
 2.交付・再交付の手続き



マイナンバー確認方法

初めてマイナンバーが付番される方(出生、海外から初めて転入をした方)には、
「個人番号通知書」(マイナンバー、氏名、生年月日、発行日などが記載された書面)が送付されます。
ただし、個人番号通知書はマイナンバー法上の番号確認書類や身元確認書類としては利用できません。

すでにマイナンバーが付番されている方で、マイナンバーを確認したい場合は以下の方法で手続きをしてください。
 1.マイナンバーカードを申請する
 2.マイナンバー入りの住民票を取得する


マイナンバーカードの申請をご希望の方は、
マイナンバーカード総合サイトをご覧ください。

 スマートフォンによる申請方法
 郵便による申請方法

※マイナンバーカードを申請し、交付を受けようとする場合には、通知カードを返納する必要がありますので、
 通知カード廃止後も引き続き保管をしてください。
※マイナンバーカードの申請から交付までは約1か月~1か月半かかります。