入院医療費支給制度

入院医療費支給制度

  入院医療費支給制度は、福祉医療制度に包括されました。
  ただし、平成27年3月31日現在、小学生(4~6年生)・中学生だったお子さんが保険診療でかかった入院医療費の申請を済ませていない場合は、市役所市民課(各総合支所市民福祉課)へ申請することで制度を利用できます。

【対象者】

 以下の要件を満たす方が対象になります。

(1) 由利本荘市内に在住している
(2) 健康保険(国民健康保険、健康保険協会など)に加入している

 ただし、下記の他の法令等の適用を受け、医療に関し入院医療費と同一の給付を受けることができる方を除きます。詳細はお問い合わせください。
  生活保護を受けている方/日本スポーツ振興センター給付金に該当した方/福祉医療(児童・ひとり親・障がい者)を受けている方/児童福祉法に規定する施設入所している方(母子生活支援施設、保育所・知的障害児・肢体不自由児などの通園施設を除く)

【助成の範囲】

 健康保険の対象となる入院医療費の自己負担分を支給します。ただし入院時食事療養費及び健康保険が適用されないもの(差額ベッド代、薬の容器代、特定療養費等)や交通事故等で損害賠償の対象となるものについては、助成の対象となりません。

【申請に必要なもの】

 (1)自己負担額の領収書
 (2)健康保険証
 (3)口座振込を希望される通帳(申請者名義のもの)
 (4)印鑑(認印でも結構です)