出産育児一時金

出産育児一時金

国保に加入されているかたが出産したとき(妊娠84日を超えての死産・流産も含む)、出産育児一時金が支給されます。

支給額 1児につき420,000円 (※産科医療補償制度に加入していない医療機関などで出産した場合は404,000円)
支給方法

平成21年10月からは「出産育児一時金直接支払制度」により、病院などに市が直接支払います。
ただし、この制度を利用しない場合や、出産費用が支給額未満だった場合は、申請により差額を支給します。

差額の申請手続に必要なもの ・被保険者証
・医療機関との合意文書
・出産費用の明細書または領収書
・印鑑
・預金通帳

  • 以前加入していた健康保険から出産育児一時金が支給される場合、国保からの支給はありません。

出産育児一時金受取代理(受領委任払)について

平成21年10月からの「出産育児一時金直接支払制度」によって、この制度は廃止となりました。