ごみの有料化制度

  「家庭系ごみの有料化」とは、ごみを出すみなさんにごみを処理するために必要な経費(燃料費・電気費などで施設の建設費や人件費は含みません。)の一部をごみを出す量に応じて負担していただき、費用負担の公平性を図り、ごみの減量と分別を推進することを目的とした制度です。
  由利本荘市では、あらかじめごみ袋に処理費用の一部を転嫁した「有料指定ごみ袋方式」を採用し、平成19年10月1日から実施しています。

 

【有料指定ごみ袋の種類と価格】

 平成19年10月1日のごみの有料化制度スタート当初は、対象ごみ袋は「可燃ごみ袋・不燃ごみ袋」でしたが、市では

一層のごみの減量とリサイクル促進のため、平成22年4月1日より「資源ごみ袋」を対象ごみ袋に加え、資源ごみ袋の一部

デザインを変更し、一律の価格で販売します。

 

 *有料指定ごみ袋は、市の指定した取扱店で1巻(10枚入)単位で販売しております。

 *新「資源ごみ袋」は、製造・流通の事情により平成22年5月1日より店頭で販売されます。

 *「可燃ごみ袋・不燃ごみ袋」の価格、またごみの分別や出し方はこれまでと変わりありません。
 

     

 

  ※ごみの出し方の詳細は、「ごみの正しい出し方・分け方」パンフレットをご覧ください。