~さらなるごみ減量化に向けて~自家製のダンボールコンポストで生ごみの減量化に取り組んでみませんか?

 市では、生ごみの減量化と利活用のため、一般家庭での生ごみ処理機の購入を推奨していますが、購入費用などの負担が伴うこともあり、まだまだ十分には普及していない状況です。これを受け、市では各家庭において安価で気軽に取り組みが可能な「ダンボールコンポストの作り方」についてマニュアルを作成いたしました。

 ダンボールコンポストとは、ダンボール箱を利用した生ごみ処理のことです。その仕組みは、ダンボール箱の中に、土壌改良剤を入れた簡単なもので、微生物の力によって生ごみを分解し、堆肥(肥料)を作るというものです。ダンボール箱を使うことによって、生ごみの水分を蒸気として抜き出す効果と、中の好気性微生物を供給して生ごみを分解させる効果があります。

 マニュアル「ダンボールコンポストの作り方」は関連ファイルからご覧いただけるほか、エネルギー政策課に備え付けをしておりますので多くの市民の皆様による草の根的な取り組みをよろしくお願いいたします。