離婚等により令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金を受け取ることができなかった方へ(支援給付金)

国の「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金」は、
●中学生以下は、令和3年9月分の児童手当受給者
●高校生年代等は、令和3年9月30日時点で対象児童を養育者している主たる生計維持者
が支給対象とされております。

そのため、基準日(※)以降に離婚した場合等、給付金の支給日には実際に対象児童を養育しているにも関わらず、
元配偶者に支給され、話し合いができない等の理由により、給付金を受け取れない場合があります。

国の施策決定により、離婚等(協議中を含む)が原因で、現在児童を養育しているにも関わらず
国の給付金を受け取ることができない方に対し、児童1人あたり10万円の給付金(支援給付金)を支給します
ので、要件に該当される方は、申請をお願いいたします。

※基準日・・・令和3年9月30日(中学生以下にあっては令和3年8月31日)

対象となる児童

以下の(ア)か(イ)のいずれかに該当する児童
(ア) 令和4年3月分の児童手当にかかる児童
   (令和3年9月1日から申請時までの間に児童手当の受給者変更手続きを完了し、
    申請時点において児童手当の受給者から養育されている児童) 
(イ) 令和4年2月28日時点において支給対象者に養育されている高校生年代の児童

支給対象者(申請が必要です)(申請期限:令和4年4月30日)

以下の(1)か(2)に該当する方は、申請をお願いいたします。
(児童手当等の変更手続きだけでは給付金は支給されません)
 
(1)令和3年9月分の児童手当の受給者ではなかったが、令和4年3月分の児童手当の受給者
   (令和3年9月1日から申請時までの間に児童手当の受給者変更手続きを完了し、
    申請時点において児童手当の受給者である方)になった方
(2)令和3年9月30日において高校生等を養育していなかったが、令和4年2月28日時点
   において高校生等を養育している方であって児童手当の本則給付相当の所得の方


 注意 元配偶者と住民票上、別の住所となっている必要があります。
 注意 元配偶者から、当該給付に相当する額の金銭等を受け取っていたり、対象児童のために
     当該給付に相当する額の金銭等を費消していた場合を除きます。

 注意 支給対象者が、児童手当の所得制限額以上の場合は対象外です。

支給額

児童一人あたり10万円を限度として支給します
※令和3年度子育て世帯への臨時特別給付の受給者から、当該給付に相当する額の金銭等を受け取っていた
 場合や、給付相当額が受給者によって対象児童のために費消されていた場合においては、その額を控除し
 て支給します。

  例:対象児童が2人で、控除額が5万円の場合
   (2人×100,000円)ー50,000円=150,000円  

申請方法(提出書類)

給付金の支給を受けるためには申請が必要です。対象となる方は、次の書類を提出してください。
 
必 要 書 類
支給対象者(1)に
当てはまる方
申請書
 (本人確認書類のコピーを貼り付け)
 (振込先の通帳やキャッシュカードのコピーを貼り付け。
  ただし、市から児童手当を受給している方で、児童手当と同じ
  口座の場合は貼り付けは不要)
公務員は、令和4年3月分の児童手当の受給者であることが
 わかる書類

 (基準日以降の児童手当支払通知書や認定通知書など)
 
支給対象者(2)に
当てはまる方
申請書
 (本人確認書類のコピーを貼り付け)
 (振込先の通帳やキャッシュカードのコピーを貼り付け。
  ただし、市から児童手当を受給している方で、児童手当と同じ
  口座の場合は貼り付けは不要)
令和4年2月28日までに離婚等(協議中を含む)をしたことが
 わかる書類

 (離婚届受理証明書、離婚届記載事項証明書、離婚協議申し入れ
  に係る内容証明郵便の謄本、戸籍謄本など。
  ただし、児童扶養手当の手続きで、すでに市へ提出している
  場合は不要)
 
対象の児童が他市に
お住まいの場合
 
児童の世帯全員の住民票

 
申請者が令和3年1月1日時点に、
由利本荘市に住民票がなかった場合

令和3年度の所得課税証明書
 (所得額・控除額・扶養人数・課税額の記載があるもの)
 ※令和3年1月1日時点で居住していた自治体から取得
 
※上記のほか、状況に応じて別途添付書類が必要となる場合があります。 

申請期間

令和4年3月1日(火)~令和4年4月30日(土)まで ※当日消印有効

支給予定について

申請後、2~3週間を目安に指定の口座へお振込みします    

よくあるご質問

問1  DV被害により子どもとともに避難しているが、支給対象となりますか?
答   令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金を配偶者(DV加害者)が受けている場合についても、
    由利本荘市で当該支援給付金の支給を受けることができる場合がありますので、なるべく早く
    ご相談ください。(子育て支援課 0184-24-6319)

問2  離婚前提の別居も支給対象になりますか?
答   離婚前提の別居(※)についても、児童手当の受給者変更手続きが完了しており、離婚前提の
    別居をしているということが公的書類にて確認できる場合は、対象になる場合があります。
    (離婚協議申し入れにかかる内容証明郵便の謄本、調停期日呼出状の写し、家庭裁判所における
     事件係属証明書、離婚裁判にかかる控訴状の副本、弁護士等第三者により作成された離婚協議の
     進捗状況がわかる書類など)
    ※・・・住民票上の住所が別である必要があります

問3  離婚して世帯分離しています。支給対象となりますか?
答   世帯分離では、元養育者と同居しているため、支給対象とはなりません。
    住民票上の住所が別である必要があります。

注意事項

給付金の支給後、支給要件に該当しないことが判明した場合には、給付金を返還していただく必要があります。

問い合わせ先

こども未来課 0184-24-6319

申請書の配布・提出は、各総合支所市民サービス課市民福祉班でも受付けます。