高等職業訓練促進給付金制度

【概要】

 ひとり親家庭のお母さんまたはお父さんで、就職に有利な資格取得のために修業をしている方を支援するための制度です。当該資格取得に係る養成機関の受講期間に支給する「訓練促進給付金」、修了後に支給される「修了支援給付金」の2種類があります。

【対象資格】

  1. 看護師
  2. 介護福祉士
  3. 保育士
  4. 理学療法士
  5. 作業療法士
  6. 准看護師
  7. 歯科衛生士
  8. 美容師
  9. 理容師
  10. 社会福祉士
  11. 調理師
  12. 製菓衛生師

【支給額・支給期間】

《訓練促進給付金》

 支 給 額 : (1)月額100,000円(市民税非課税世帯)

           (2)月額70,500円(市民税課税世帯)

 支給期間 : 養成機関における受講期間(上限3年)

《修了支援給付金》

 支 給 額 : (1)50,000円(市民税非課税世帯)

         (2)25,000円(市民税課税世帯)

 支給期間 : 養成機関の修了日以後

 【対象となる方】

由利本荘市にお住まいのひとり親家庭の母または父で、以下の要件すべてを満たす方

 ・児童扶養手当受給者または児童扶養手当を受給できる所得水準であること

 ・養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、資格取得が見込まれること

 ・就業または育児および修業の両立が困難であると認められること

 【申請・手続き】

 事前相談が必要ですので、まずは子育て支援課児童支援班(☎0184-24-6319)へご連絡ください。

【資格喪失の届出等】

 受給者が以下のような事由により支給要件に該当しなくなったときは、14日以内に受給資格喪失届を提出しなければなりません。

  1. 母子家庭の母または父子家庭の父でなくなったとき
  2. 由利本荘市に住所を有しなくなったとき
  3. 養成機関におけるカリキュラムの修業を取りやめたとき(一時中止を含む)

※虚偽の申請、その他不正手段により支給を受けた場合には、支給済みの金額を返還していただく場合があります。