ひとり親家庭の児童への医療費助成

福祉医療制度

 ひとり親家庭の児童が心身の健康保持と生活の安定を図るため、健康保険を使って医療機関を受診の際に窓口で支払わなければならない自己負担額を、県と市で助成する制度です。 
 市民課(または総合支所市民福祉課)への申請により「福祉医療費受給者証」が交付されます。県内医療機関窓口で福祉医療費受給者証と健康保険証を一緒に提示すると、保険診療の自己負担額が無料になります。詳細につきましては福祉医療制度をご覧ください。