学校給食等における放射性物質検査の結果について(平成26年度分)

 学校給食においても、安全安心の確保が求めらており、秋田県では「安全・安心のための学校給食環境整備事業」として、平成24年度から県内幼稚園・保育園・小学校・中学校などを対象に、学校給食用食材の使用前の放射性物質検査を実施しております。

【検査内容】各給食等施設で使用する食材の放射性セシウム134、放射性セシウム137の放射能濃度(Bq/Kg)

【検査方法】基本的に給食等提供前日までに1Kgの食材を測定器により10分間測定

【検査期間】平成24年3月26日~

【使用測定機器】簡易型ガンマスペクトロメーター(簡易測定)                                       

【検査結果】学校給食用の使用前の放射性物質検査の結果をお知らせいたします。

※測定下限値未満:検出された濃度が測定下限値(10.0)未満であることを示しています。

※最新の結果は下記のリンクから見ることが出来ます。