由利本荘市子どもの生活応援計画(令和4年度~8年度)

 社会経済情勢の変化に伴う子育て世代の所得減少や、社会的孤立の拡大などにより、貧困の状態にある子どもや、その世帯の問題が深刻化している中、平成26年1月に「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が施行され、同年8月には「子供の貧困対策に関する大綱」が策定されました。
 本市においても、平成29年に「由利本荘市子どもの生活応援計画」を策定したところですが、国の大綱や県の計画の見直しを受けて、このたび、令和4年度から令和8年度までの計画を策定しました。
 この計画に基づき、全ての子どもが現在から将来にわたって、その生まれ育った環境に左右されることなく、心身ともに健やかに育ち、教育や進路選択の機会均等が保証され、一人一人が夢や希望を持つことができる社会を目指します。

↓関連ファイルよりダウンロードできますので、ご参照ください。