子ども・子育て支援新制度がはじまります!

1

 すべての子どもたちが、すこやかに成長していくために!すべての家庭が安心して子育てができ、育てる喜びを感じられるために、平成27年度より「子ども・子育て支援新制度」がスタートします。

 新制度のスタートに向けて、「子育て環境がどのように変わるの?」「どんな施設が利用できるの?」「入園手続きはどうなるの?」など、新制度の概要と新制度移行に関する疑問などを記載させて頂きます。

子ども・子育て支援新制度について、更にもっと詳しく知りたい方は、国のHPをご覧下さい。

   www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/faq/index.html

【子ども・子育て支援新制度って?】
 平成24年8月、子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決するために、「子ども・子育て支援法」という法律ができました。この法律と関連する法律に基づき、「子ども・子育て支援新制度」(以下「新制度」)が平成27年度からスタートします。

 新制度は、幼児期の教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進し、1人ひとりの子どもが健やかに成長できる社会の実現を目指す新しい子育て支援の仕組みです。

※様々な課題とは:少子化の進行、待機児童問題、子育てする人の孤独感と負担感の増加など、子どもや子育てをめぐる様々な現状と課題を改善して、「子どもの最善の利益」が実現される社会にしていくため、今までの制度を見直し、新しい制度としてスタートします。

 具体的には
1.幼稚園・保育園・認定こども園を通じた保育サービスの向上を目指します。

 新制度では、これまで別々であった「幼稚園・保育園・認定こども園」が、共通の「施設型給付」となり、財政支援が一本化となります。これにより各園の運営の安定とサービスや質の向上を図ります。

2.「地域型保育」を創設、家庭的保育などにも財政支援

 新制度で新たに「地域型保育給付」が創設されました。これは3歳未満を対象として、より少人数単位の保育事業についても国の補助事業となり、よりきめ細かい保育が行われます。

3.「地域型保育」を創設、家庭的保育などにも財政支援

 新制度では、幼児教育や保育サービスを利用する子どもは、これらを受ける必要性に応じて、市が発行する『認定証』を受けることとなります。認定区分は以下の3種類となります。

 ・1号認定:満3歳以上で、主に幼稚園や認定こども園を利用したい場合

 ・2号認定:満3歳以上で、保育が必要な理由があり、保育園や認定こども園を利用したい場合

 ・3号認定: 3歳未満で、保育が必要な理由があり、保育園や認定こども園、少人数での保育サービスを利用したい場合
  併せて、2号、3号認定の子どもは保護者や家族の就労状況により、保育時間の長さが「標準時間」と「短時間」に区分されます。認定の手続きは入園申込書と同時に行う事ができます。

4.地域の実情に応じ拡充「地域子ども・子育て支援事業」

 すべての子育て家庭を対象として、地域のニーズに応じて様々な子育て支援を充実させるため、新制度では「地域子ども・子育て支援事業」を実施します。この事業を通して、子育ての相談や親子の交流ができる地域子育て支援拠点、一時預かりや放課後児童クラブの利用の拡充などに取り組みます。

5.「子ども・子育て支援事業計画」を策定し、計画的に施策を進めます

 市では新制度スタートにあわせ「由利本荘市子ども・子育て支援事業計画」を作成しました。この事業計画では新制度のもとで、安心して子どもを産み、子ども1人1人が健やかに、心豊かに育つ環境づくりを目指して、子ども・子育て支援を総合的、計画的に推進するための計画です。

 こちらの計画の内容は3月中旬にHPにて掲載することとしております。

2

【保育料ってどうなるの?】
 現在、国の予算成立前でありますことからあくまでも目安として掲載させて頂きます。なお、公立幼稚園、公立保育所については、別添の料金表の最高額を上限額として条例により定めることとしておりますが、各階層の金額につきましては、現時点の確定額ではないものの、今後、この金額で諸手続きを進める予定としております。
   ※目安の金額表については、画面下部のPDFで確認できます。

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?