【国民健康保険】新型コロナウィルス感染症に感染、または感染の疑いのある被用者に対する傷病手当金の支給

 新型コロナウィルス感染症に感染、または感染の疑いのある国民健康保険加入者の被用者(会社等に雇用され給与等の支払いを受けている方)で、その療養のため勤務できなかった一定の期間に対し傷病手当金が支給されます。支給には申請が必要です。

【支給要件】
 次の条件のすべてに該当する場合に支給されます。
 1.由利本荘市国民健康保険に加入している被用者(会社等に雇用され給与等の支払いを受けている方)
 2.新型コロナウィルス感染症に感染、または発熱等の症状があり感染が疑われる方
 3.療養のために勤務できず、その期間が3日を超える方で、その期間に対する給与等の支払いを受けられない方

【1日あたりの支給額】
 直近の継続した3月間の給与収入の合計額を就労日数で除した金額×(3分の2)に相当する額
 ※支給額には上限があります。

【支給対象日数】
 療養のため勤務ができなくなった日から起算して3日を経過した日から勤務することができない期間のうち勤務を予定していた日

【対象期間】
 令和2年1月1日から9月30日の間で勤務できない期間。ただし、入院が継続する場合等は最長1年6月まで

【申請に必要なもの】
・国民健康保険傷病手当金支給申請書(世帯主記入用、被保険者記入用、事業主記入用、医療機関記入用)
※医療機関記入用は、帰国者・接触者外来のある医療機関を受診した場合に提出が必要となります。
 また、医療機関を受診しなかった場合等には被保険者記入用に事業主からの証明が必要になります。
・振込先預金通帳の写しなど、振込先のわかるもの
・印鑑

※申請書は下記関連ファイルからダウンロードできるほか、お電話いただければ郵送いたします。 

(支給計算例)
 直近の継続した3ヶ月の間、時給800円、1⽇6時間勤務していた方が、療養のため14⽇間休んだ場合で、休んだ4日目以降に9日間勤務を予定していた場合
 
4,800円×(3分の2)×9日(注1)=28,800円(支給額)

(注1)日数計算の例
 休み始めた日から3日間は除かれますので、4日目以降で勤務予定であった9日間が対象となります。
日数計算の例