セルフメディケーションとOTC医薬品の普及について

セルフメディケーションとは

平均寿命が長くなり、生活習慣病に悩む方が増えてきている現代において、いかに毎日を健康的に生きるかが問われています。そこで注目されているのが『セルフメディケーション』です。
世界保健機関(WHO)ではセルフメディケーションを自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすることと定義しています。
具体的には、毎年健康診断を受けるなどして日頃から自分の健康状態と生活習慣をチェックし、OTC医薬品(市販薬)を活用して軽度の体調不良は自分で手当てする、といった方法で実践することができます。

セルフメディケーションの効果

  1.  健康管理の習慣が身につく
  2.  医療や薬の知識が身につく
  3.  医療機関で受診する手間と時間が省かれる
  4.  通院が減ることで、全体の医療費増加が抑制される
  5.  セルフメディケーション税制での所得控除が可能

OTC(Over The Counter)医薬品について

OTC医薬品とは、薬局・薬店・ドラッグストア等で処方箋なしで購入できる医薬品です。医療用(医師によって処方される医薬品)から転用された医薬品は、スイッチOTC医薬品とよばれています。
購入の際は薬剤師や登録販売者などの専門知識を持った人たちにしっかり確認し、的確な薬を正しく使用するようにしましょう。

セルフメディケーション税制とは

健康の保持増進及び疾病の予防として一定の取組を行っている方が、その年中に自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族のために12,000円以上の対象医薬品を購入した場合には、『セルフメディケーション税制』(通常の医療費控除との選択適用)を受けることができます。
【注意】この税制を受けるためには、健康診断の受診等が条件となっております。

○詳しくは、厚生労働省のホームページをご参照ください。

健診・がん検診等を受けて、セルフメディケーションにご活用ください

由利本荘市国保にご加入の40歳以上の方は、年に1回無料で特定健診を受診できます。
無料で受診するためには「受診券」が必要です。毎年4月末頃対象の方にお送りしておりますが、
お手元にない方は再発行ができますので、市民課国保年金班または各総合支所市民サービス課までご連絡ください。