退職者医療制度

退職者医療制度について ※新規適用は平成26年度をもって終了しました※

退職者医療制度とは

会社などを退職して国民健康保険に加入し、被用者年金(厚生年金や共済年金など)を受給できる65歳未満の方とその被扶養者が該当となります。
国保税や医療費の負担割合は一般の国保と同じです。
退職者国保の被保険者の自己負担分を除く医療費は、被保険者自身が納付した国保税の他、これまで加入していた職場の健康保険等が出し合っている「拠出金」でまかなわれています。
職場の健康保険等に加入していた方が定年退職などで国保に加入することにより国保の医療費負担が増大し、国保財政の健全な運営ができなくなることを防ぐため、退職者国保の被保険者の医療費は、このようにして退職前に加入していた健康保険等に負担いただいております。この制度への加入は長期的には国保税の引き上げを抑制する効果があります。

 

退職者医療制度の対象となる方

対象者
退職者本人 厚生年金や共済年金の加入期間が20年以上
(または40歳以降で10年以上)あって、
老齢厚生年金、共済年金を受給している65歳未満の方
被扶養者 退職者本人の直系尊属・配偶者および3親等内の親族で、
主として退職者本人の収入で生活している65歳未満の方