戦没者等の遺族に対する第十一回特別弔慰金について

特別弔慰金は、今日の日本の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者等のご遺族に支給されるものです。

 厚生労働省ウェブサイトはこちら

支給対象者

基準日である令和2年4月1日時点で、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給されます。
 
戦没者等の死亡当時のご遺族で
(1)令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者等遺族援護法による弔慰金の受給権を取得した方
(2)戦没者等の子
(3)戦没者等の ①父母 ②孫 ③祖父母 ④兄弟姉妹
※ 戦没者等の死亡当時、生計関係を有している等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
(4)上記1~3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
※ 戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

請求期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日まで
※ この期間を過ぎると請求できなくなりますので、ご注意ください。

相談・請求窓口

市役所本庁舎1階「第十一回特別弔慰金臨時相談窓口」または各総合支所市民サービス課
●相談・請求窓口連絡先
 ・健康福祉部福祉支援課      電話0184-24-6315
 ・矢島総合支所市民サービス課   電話0184-55-4959
 ・岩城総合支所市民サービス課   電話0184-73-2012
 ・由利総合支所市民サービス課   電話0184-53-2113
 ・大内総合支所市民サービス課   電話0184-65-2806
 ・東由利総合支所市民サービス課  電話0184-69-2117
 ・西目総合支所市民サービス課   電話0184-33-4620
 ・鳥海総合支所市民サービス課   電話0184-57-3501
※ 福祉支援課は令和2年7月6日(月)に鶴舞会館に事務所を移転しますが、当分の間、特別弔慰金の相談・請求は市役所本庁舎1階「第十一回特別弔慰金臨時相談窓口」で受け付けます。

提出していただく書類等

(1)提出書類
末尾のファイルのうち、様式1(請求書)、様式3(現況申立書)を提出してください。また、様式2(印鑑等届出書)も提出していただきますが、末尾にある様式2のファイルは使用できません。上記の窓口に備え付けている様式により提出していただきますので、請求者の届出印鑑をご持参ください。
様式1~様式3以外の必要書類については、特別弔慰金提出書類一覧表によりご確認ください。ご不明な点は各窓口までご連絡ください。

(2)前回(第十回)特別弔慰金を受給した場合
前回の特別弔慰金を受給したご遺族の方に対しましては、必要な書類等を添えて7月上旬に請求のご案内を郵送する予定です。案内が届き次第に、あらかじめ必要書類にご記入のうえ、上記の窓口で手続きをお願いします。前回と同じ方が請求する場合は、前回提出した様式3(現況申立書)を代用することができます。受付開始当初は窓口が混雑することも予想されます。ご了承をお願いします。

(3)請求手続きする方の本人確認
窓口で請求手続きする方の本人確認をさせていただきます。運転免許証や健康保険証などをお持ちください。また、請求者から手続きを委任された場合は、様式7(委任状)を提出してください。この場合も受任者の本人確認をさせていただきます。

(4)郵送による請求
郵送により請求する場合は、必要書類と一緒に、請求者の身分証明書(運転免許証や健康保険証など)の写しを同封し、下記までお送りください。
【送付先】
 〒015-0872 秋田県由利本荘市瓦谷地1番地 由利本荘市役所健康福祉部福祉支援課

留意事項

請求手続きの簡素化のため、前回請求の際に提出していただいた「同意書」は廃止されました。同順位の方が複数いる場合は、お話合いのうえ、代表して請求する方を決めていただくようお願いします。
なお、特別弔慰金は、ご遺族を代表するお一人が受け取るものです。ご遺族間の調整は、記名国債を受け取った方が責任をもって行うことになりますのでご了承ください。