風しん抗体検査・予防接種について(風しんの追加的対策)

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、風しん(注1)の公的予防接種を受ける機会がなく、風しんの抗体保有率が低いといわれております。
風しんに感染した場合、周りの人に感染させる可能性があります。また、妊娠早期の妊婦に風しんを感染させると、赤ちゃんが先天性風しん症候群(注2)になる可能性があります。
風しんからあなた自身と周りの人を守るために、風しんに対する抵抗力を確認し、抵抗力の低い方は予防接種を受けましょう。上記の生年月日の方は風しんの抗体検査・予防接種が無料になります。
※抗体検査・予防接種にはクーポン券が必要です。詳しくは下記をご覧ください。
 

●対象者について

1.令和2年度は由利本荘市に住所がある、昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性にクーポン券を送付します。クーポン券の有効期限は2022年1月末までです。期限内に抗体検査を受け、抗体のない方は予防接種を受けましょう。

※ただしクーポン券を使用した抗体検査を受けて、風しんに対する免疫があることが判明している方及びクーポン券を使った予防接種を受けた方にはクーポン券を送付していません。
 

2.令和元年度に発行したクーポン券は有効期限が1年間延長されました。これによりお手持ちの風しん抗体検査・予防接種クーポン券は2021年1月末まで使用できます。(有効期限が2020年1月と書かれているクーポン券をそのまま使用できます)

令和元年度は昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に4月中旬にクーポン券を送付しています。
すでに、クーポン券を廃棄した方へは再発行(郵送)しますので、市健康管理課へご連絡をお願いいたします。
※2019年に抗体検査や予防接種を受けた方は、再度受ける必要はありません。

※他市区町村へ転出した場合、転出先でクーポン券の再発行が必要となります。通常、転出先の市区町村からクーポン券が届くことになっていますが、お急ぎの場合は転出先市区町村にお問い合わせください。
 

●令和2年度の対象者へのクーポン券送付時期

 令和2年4月中旬
 

●自己負担額

 無料
 

●実施方法

 クーポン券を使い、風しんの抗体検査を受け、その結果、十分な量の抗体がないことが判明した方は風しん第5期の定期接種の対象者となります。



●風しん抗体検査・予防接種の受け方

ステップ1:どこで抗体検査を受けるか決める(下記☆より選び内容を確認する)
☆医療機関で受ける場合
 →クーポン券と同時送付している医療機関一覧をご覧になり予約の電話をして
 ください。一覧に無い場合、厚生労働省のホームページで確認出来ます。
(下記の関連リンクから厚生労働省ホームページがご覧いただけます)
☆事業所(職場)の健診で受ける場合→各勤務先に確認してください。
☆市で実施している特定健診で受ける場合
 →市健康管理課へお問い合わせください。
 市の特定健診は、5月~10月の間の平日、日中の決められた日になります。

ステップ2:ステップ1の結果を確認し、免疫がない場合は医療機関で予防接種を受ける
 →医療機関については、ステップ1の「☆医療機関で受ける場合」参照
 なお、医療機関によって、実施体制が異なります。事前に必ず電話などで確認してください。
 

●持ち物

 抗体検査を受ける場合…クーポン券と本人確認書類(免許証など)、抗体検査受診票
 予防接種を受ける場合…クーポン券と本人確認書類(免許証など)、陰性の抗体検査結果、
風しん第5期の定期接種予診票


(注1)風しん
 小児は発熱、発疹、首や耳の後ろのリンパ節が腫れて、数日で治ります。成人は高熱・発疹の長期化や関節痛など重症化の可能性があります。
(注2)先天性風しん症候群
 妊娠初期(20週以前)に風疹に感染すると、赤ちゃんが先天性心疾患・白内障・難聴を特徴とする先天性風しん症候群をもって生まれてくる可能性が高くなります。