HPVワクチンの積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~

HPVワクチンキャッチアップ接種について

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)は、平成25年4月から定期接種となったものの、副反応等の報告により、同年6月以降「積極的勧奨の差し控え」の措置となっていました。しかし、最新の知見を踏まえ、HPVワクチン接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められたため、令和3年11月26日付の通知により積極的勧奨を再開することとなりました。

そこで、積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方に対して、公平な接種機会を確保する観点から、
公費(無料)で受けられる機会が設けられました(キャッチアップ接種)
本市においては令和4年4月下旬、HPVワクチンのキャッチアップ接種対象者に対し、予診票の個別送付を行いました。



【対象者】
~次の条件を満たす方~
・接種当日に由利本荘市に住所を有する方
・平成9年度生まれ~平成17年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性
・過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない方

【接種期間】
令和4(2022)年4月1日~令和7(2025)年3月31日

【接種費用】
接種対象期間内は無料(秋田県内の協力医療機関での接種に限る)

※協力医療機関以外で接種をされた場合は、費用は全額自己負担となります。
 但し、接種した年度内に助成金交付申請手続きをすることで、市で定める上限内に費用をお返しする制度があります。
 各種助成金交付申請書
 

HPVワクチンの接種を自費で接種した方への償還払いについて

 HPVワクチンの積極的勧奨の差し控えにより、定期接種機会を逃した方で、すでに自費で接種を受けた方への対応として、費用の全部または一部をお支払いする「償還払い制度」にて負担した費用の払い戻しを実施します。

【対象者】
~次の条件を全て満たす方~
 ・平成9年度生まれ~平成16年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2005年4月1日)の女性
 ・令和4年4月1日時点で由利本荘市に住民登録がある
 ・令和4年3月31日以前に自費で接種した
 (定期接種またはキャッチアップ接種以外で接種した)
 ・接種ワクチンの種類が2価(サーバリックス)または4価(ガーダシル)であり、日本国内の医療機関で接種したものである


【申請期間】
 
令和4(2022)年4月1日~令和7(2025)年3月31日

【手続き】
 
申請書を記入し、下記提出書類とあわせて健康づくり課へご提出ください。
 (1)申請書(様式1号)
 (2)接種費用の支払いを証明する書類(領収書及び明細書、支払証明書等)
 (3)接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録」・接種済証)
    ※ない場合は証明書(様式2号)を代わりにご提出ください。
     証明書を自費で接種した医療機関へ持参し、記載を依頼してください。
     なお、証明書を発行するにあたり、費用が発生する可能性があるため、事前に医療機関へお問い合わせください。
 (4)被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類の写し
   (申請者と被接種者が異なる場合は双方のもの)
    ※申請時住所記載の運転免許証、健康保険証(両面)などいずれかひとつ
 (5)振込希望先金融機関の通帳又はキャッシュカードのコピー
 
 申請書類提出後に審査を行い、交付が決定した場合は決定通知書を送付し、申請書に記載のある金融機関に振り込みをします。
 ご不明点などございましたら、健康づくり課までお問い合わせください。
 
 

キャッチアップ接種について詳しく知りたい方は以下をご覧下さい。(厚生労働省ホームページへ)
 厚生労働省ホームページ:ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~
 キャッチアップ接種リーフレット:HPVワクチンの接種の機会を逃した方に接種の機会を提供します