おたふくかぜワクチン接種費用の一部助成を開始します(任意接種)


 由利本荘市では、ムンプスウイルスによる流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の重症化を防ぎ、保護者の皆さまの負担を軽減するために、おたふくかぜワクチンの接種費用を一部助成いたします。

~ おたふくかぜとは? ~ 
 主に飛沫により感染し、発熱や耳下腺の腫脹と疼痛などの症状を引き起こす感染症です。
 比較的強い感染力を持ち、合併症である難聴が早い時期に出現すると、その後の言葉の発達に
 悪影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。                       

助成対象者
 由利本荘市に住民登録されており、下記の対象年齢に当てはまる方。
【接種回数】2回 
①初回(1回目)を接種する1歳以上~2歳未満
 (平成31年4月2日~令和3年3月31日生まれ)
②追加(2回目)を接種する5歳以上~7歳未満(就学前の1年間)
 (平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ)
※ワクチンの流通量の不足により、対象期間内に接種を受けられない恐れがあるため、令和3年度は①の対象者に限り、2歳を過ぎても令和4年3月31日まで助成します。

助成額 4千円(一部助成)

助成方法
<既に令和3年4月~7月中に接種した方>
 助成金の還付申請が必要です。申請受付は令和3年8月1日から開始予定です。申請方法の詳細については追ってお知らせしますが、申請まで接種した際の領収書の保管をお願いいたします。
<令和3年8月以降に接種を予定している方>
 接種を受けた医療機関窓口で市助成額(4千円)を差し引いた金額が自己負担額となるように現在準備を進めています。協力医療機関などの詳細は追ってお知らせします。