新型コロナワクチン4回目接種(追加接種)について

新型コロナワクチン4回目接種(追加接種)の情報をお知らせします。
【12歳以上】1回目・2回目接種の情報はこちらをクリック
【12歳以上】3回目接種の情報はこちらをクリック
【5歳-11歳】小児接種(1回目・2回目接種)の情報はこちらをクリック


新型コロナワクチンの接種率はこちらをクリック

 

新着情報

  • 4回目接種のページを作成しました(5/6)

ワクチン接種までの流れ

調整中(決まり次第、こちらでお知らせします)
 

接種対象者(令和4年5月6日現在)

新型コロナワクチンを3回接種済みの方で、以下①、②に該当する方。

①60歳以上の方

②18歳以上60歳未満で、基礎疾患等を有する方(※)

※「基礎疾患等を有する方」の範囲は以下のとおり
1.以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
 1.慢性の呼吸器の病気
 2.慢性の心臓病(高血圧を含む。)
 3.慢性の腎臓病
 4.慢性の肝臓病(肝硬変等)
 5.インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
 6.血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血除く。)
 7.免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
 8.ステロイドなど、免疫機能低下する治療を受けている
 9.免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
 10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸器障害等)
 11.染色体異常
 12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
 13.睡眠時無呼吸症候群
 14.重い精神疾患(精神疾患の治療のために入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、
    又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を
    所持している場合)

2.基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方

接種推奨・努力義務について(令和4年5月6日現在)

  •  全ての接種対象者(上記および)について接種推奨の規定を適用。
  • 努力義務(※)の規定は、①60歳以上の方のみに適用。(②18歳以上60歳未満の基礎疾患等有する方には現時点では努力義務の規定を適用せず、今後、最新の科学的知見を踏まえて改めて議論する)
努力義務・・・「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定のことで、義務とは異なります。感染症の緊急のまん延予防の観点から、皆様に接種にご協力をいただきたいという趣旨から、このような規定があります。(詳しくはこちらをクリック:外部リンク)
 

接種間隔

3回目接種完了から5か月以上の間隔をおいて1回接種(令和4年5月6日現在)

使用ワクチン

ファイザー社製ワクチン(mRNAワクチン) 及び 武田/モデルナ社製ワクチン(mRNAワクチン)
 

接種を受ける際の費用

無料(全額公費)

接種券発送スケジュール

調整中(決まり次第、こちらでお知らせします)

予約受付開始日

調整中(決まり次第、こちらでお知らせします)

予約方法

調整中(決まり次第、こちらでお知らせします)

接種会場

調整中(決まり次第、こちらでお知らせします)

関連リンク(外部HP)

追加接種(3回目接種)についてのお知らせ(厚生労働省HPリンク)
追加接種|新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省HPリンク)