新型コロナウイルスワクチン接種証明書(国内用/海外用)について

ワクチンを接種したことの証明が必要となる方へ
「新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書」を発行します。

対象となるのは、
 接種時に由利本荘市に住民票があり、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けた方となります。

接種証明書のコンビニ交付について

コンビニエンスストアにおいて、接種証明書の発行が可能となりました。

【利用時間】 6:30から23:00まで
【対象店舗】 セブンイレブン
       ※対象店舗を含む最新の情報は厚生労働省のホームページでご確認ください。
【発行費用】 1通あたり120円
【注意事項】 ・発行にはマイナンバーカードが必要となります。
       ・一部の自治体ではコンビニ交付に対応しておりません。
        未対応の自治体に住民票がある時にワクチンを接種した場合には、
        コンビニ交付での証明書発行はできません。
        証明書が必要な場合には、接種時に住民票があった自治体にお問い合わせください。
       ・印刷不良の場合を除き、発行後の返金はできませんのでご注意ください。
 

接種証明書(電子版)の取得について

マイナンバーカードをお持ちの方は、スマートフォンから接種証明書(電子版)を取得することができます。

※接種証明書(電子版)の申請には、マイナンバーカードと券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)が必要です。
※暗証番号は3回間違えて入力してしまうとロックされます。ロックを解除するには、マイナンバーカードを持参のうえ
 市役所市民窓口センターか各総合支所市民サービス課へお越しください。
※スマートフォンの動作環境については、デジタル庁HPでご確認ください。

デジタル庁HP 「新型コロナワクチン接種証明アプリ」(外部リンク)

 

接種証明書(書面)の取得について


 下記の必要書類を郵送でご提出いただくか、本荘保健センターの窓口へご持参ください。
 ※各総合支所の窓口では受付できませんのでご注意ください。

【必要書類】
本人が申請する場合
・新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書
・切手を貼った返信用封筒(返信先住所を記載)
 ※定形・普通郵便の場合は84円の切手が必要
 ※窓口申請の場合も郵送の返信用封筒をご用意ください。
・本人確認書類(運転免許証・保険証など、住民票上の住所が記載されているもの)の写し

 以下は海外用の証明書を申請される際に必要となります

・旅券(パスポート)の写し
 ※有効期限が切れている場合、接種証明書は発行できません。
  また、渡航前に旅券の更新予定がある場合には、更新した旅券をご提出ください。
 (旅券の更新の際に旅券番号が変更となるため、更新前の旅券で接種証明書を発行した場合、
  旅券の更新後に再度接種証明書の発行を申請する必要があります。)
・接種済証(医療従事者等の方は接種記録書)の写し

代理人(同居の家族を含む)が申請する場合
上記に加えて
・委任状(様式はこちら、必要事項の記載があれば任意様式も使用可能です。)
・代理人の本人確認書類
 ※代理人の住所に郵送する場合は、代理人の本人確認書類と同一の住所を返信用封筒に記載してください。

発行費用

無料

受付先

〒015-0872
由利本荘市瓦谷地1番地(本荘保健センター)
由利本荘市 健康福祉部 健康づくり課
新型コロナウイルスワクチン接種推進室 宛

発行方法・発行時期

接種証明書は郵送で送付します。
発行には接種事実の確認のため、場合によっては1週間程度お時間をいただくことがあります。

接種証明書が利用可能な国や具体的な緩和措置について

外務省ホームページをご覧ください。