鳥海山

鳥海山
市内には上り口が「矢島口コース」「猿倉口コース」「百宅口コース」があり、いずれも上りは4時間前後、下りは3時間の行程で、夏にはチョウカイフスマなどの鳥海山特有の高山植物が、秋には色鮮やかな紅葉が楽しめます。
「矢島口」は秋田県側で最も古い歴史を持つ登山道で、祓川5合目を起点にし、7月下旬まで雪渓が残ることから夏スキーが楽しめます。「猿倉口」は鳥海山麓唯一の湯温泉・猿倉温泉を拠点に登る静かな山旅を味わえるコース。「百宅口」は、4合目に山荘やテントサイトがある大清水キャンプ場があり、途中には大倉の滝を見ることができます。