令和5年度 地域おこし協力隊を募集します!【観光】

市では、都市部からの人材を積極的に誘致し、地域活動によって地域の活性化や移住定住などを促進するため、国の「地域おこし協力隊制度」を活用します。
対象者は、都市地域など(過疎、山村、離島、半島などの条件不利地以外)に在住し、採用後、本市に住民票を異動して居住可能な方に限られます。

詳しくは総務省のホームページでご確認ください。
総務省|地域力の創造・地方の再生|地域おこし協力隊

「ソドアソビ」魅力発見!アウトドアレジャー担い手プロジェクト

事業の背景

 標高2236mの鳥海山は、周囲を見渡せる独立峰で、その裾野には6つの登山口を擁し、それぞれにバリエーションに富んだ登山が楽しめ、四季を通じて訪れる様々なシチュエーションが、多くの登山家を育てました。
 また、鳥海山を源流とする61kmにもおよぶ一級河川子吉川は由利本荘市内を南北に縦断し日本海に到達しています。「水辺のまち」とも表されるこの地域では、古くからボートやヨット競技が盛んにおこなわれていました。
 2005年、8つの市町が合併してできた秋田県一広大な面積を有している本市には、多くのキャンプ場やトレッキングコースなどのアウトドアフィールドとともに、エリア内で活動する各種アウトドア団体や、経験豊富な登山家をはじめとする「ソドアソビ」の達人たちによって本市のアウトドアレジャーが支えられています。
 現在、鳥海山の麓では「鳥海ダム建設事業」によって、山麓部周辺の道路等のインフラ整備が急速に進み、ダム上流にある本市を代表する観光名所の1つ「法体の滝」の周辺環境が大きく変化することから、地域の新たな観光開発が進められている状況です。

募集の目的

 山から川、海にかけて広大なアウトドアフィールドを擁する本市ですが、活動する人の高齢化と担い手不足が深刻化しつつあり、大自然を活用したアウトドアレジャーのインストラクターや、まちの歴史と文化を伝える案内人など、体験型観光を支える担い手の育成が急務となっています。また、市内各地で活動する団体のなかには、ホームページやSNSなどの発信媒体を持たないところもあり、PR不足が指摘されています。
 こうしたことから、本市の特徴や魅力、そして人々を知り、地域がもつ文化や歴史の魅力に触れ、共感をもって情報を発信し、さらに、地域で活躍してきた方々の後を引き継ぎ、本市のアウトドアレジャーをさらに新しく発展させていく人材が求められています。
ざっくり言うと、野外活動に抵抗がなく、写真や動画を使った自己表現に積極的で、新しい価値観をもって地域を盛り上げ、元気な未来を作る新しい原動力になる人が必要なのです。
 
※この募集は、議会における令和5年度予算成立を前提に実施するものです。
予算成立の状況により、本募集内容を変更する場合がありますことをあらかじめご承知おきください。

募集要件

採用人数:2名
勤務地:由利本荘市内の活動地域

雇用形態:個人委託型(市との雇用契約はありません。個人との委託契約になります。)
※由利本荘市との雇用契約はしないため、個人事業主として所得税、市県民税、国民健康保険税などの各種税金及び年金保険料等は、各自で納付又はご負担いただきます。
※市役所に専用の座席は設けません。ご自宅、事務所等を拠点とした勤務になります。
※事前に生活圏となる市内の見学、不動産の紹介など、移住に関わる支援があります。

委託業務に支障とならない範囲での副業や兼業も自由にでき、任期後を見据えて活動できます。

契約額

月額:23万円程度
※資格、スキル、受託できる業務によって算定します。

活動費補助:年間200万円まで
※住居費月額5万円まで補助します。
※ほか業務上必要な経費、活動経費等を必要に応じて補助します。

勤務時間

(1)勤務日の指定はありません。月に1、2回市役所での協議や、活動報告を求めます。

(2)勤務時間の指定はありません。ガイド団体の活動やイベントの取材、各種アクティビティに合わせた業務遂行に必要な時間で活動してください。

(3)必要に応じて市役所職員や地域の団体または個人との共同活動があります。

契約期間

期間は、令和5年4月1日(着任日)から令和6年3月31日までとし、1年度単位で契約を更新し、最長3年を限度に再委託できるものとします。

鳥海山と市街地

ミッション(業務)の概要

1.アウトドア団体等の支援業務

 市内で活動するガイド団体、レジャー団体等の運営やプロモーションに関わる業務
 主にガイド等の仲介やイベント企画、募集、受付等に関わる業務を委託するものです。

2.観光プロモーション業務

 市内のイベントや観光地のプロモーションを行います。
 主にアウトドアに関わりのある事柄に特化した専用WEBサイトの立ち上げや、SNSによる情報発信に携わります。写真や動画の撮影、編集などクリエイティブな活動も含みます。

3.新たな観光資源の発見、磨き上げ業務

 地域の自然環境や、生活文化の中で、地元の人では気づけない楽しさや、新たな付加価値を見いだしながら、特色ある観光資源を掘り起こし、観光商材として磨き上げを行います。
 具体的には新しいイベントやツアーの企画、運営を通じて、行政や住民、民間事業者とともに観光地を作り上げる取り組みの手助けをして頂きます。

《3年後(任期後)の目標》

 市内ガイド団体や観光施設でも活躍できるように、インストラクターや、ネイチャーガイド等の、経験年数が必要な資格取得を目標に活動していただきます。
 また、市内の観光拠点やレジャー施設、およびガイド等のアウトドア団体等の経営や運営に携わって頂くため、就業、起業を目指します。
 (※任期後の具体的な目標は、活動状況や協力隊本人との協議のうえ決定していきます。)

《活動計画案》

※以下は1例です。活動内容によって計画は変更される場合もあります。

【1年目:研修期】

・各地域で活動している団体や個人と交流し、運営の支援を行いながら信頼関係を構築。
・市や各団体が行っている研修、イベントに参加し、活動内容を把握。
・アウトドアに関わる地域課題、隠れた魅力や遊び方を発見し、運営方法を検討。
・専用サイトおよびSNS等の立ち上げによる情報発信体制を構築。

【2年目:実践期】

・ガイドやインストラクターの働き方を経験する。(収入を得ても構いません)
・イベントを主催し、アウトドア活動による地域活性化を促す。
・民間事業者と協力し、地域のアウトドア活動の収益化を目指す。

【3年目:自立期】

・自身の資格取得に向け、各種活動や研修に取り組む。
・地域の関係者と協力してアウトドア団体の新たな枠組みや仕組みを作り上げる。
・観光施設の管理運営に向けた、新たな組織の立ち上げに取り組む。

応募の条件

次の(1)から(7)全てに該当する方

(1)令和5年4月1日より勤務できる方

(2)都市地域等(過疎、山村、離島、半島等の条件不利地域以外)に在住し、採用後、本市に住民票を異動し、居住可能な方。ただし「地域おこし協力隊」であった方は、都市地域外から住民票を異動させた場合であっても対象とします。
 ※地域要件については詳しくは総務省の「地域おこし協力隊」のホームページでご確認ください。

(3)普通自動車運転免許を取得している方

(4)パソコンの一般的な操作ができ、WEBサイト運営やSNSによる情報発信ができる方

(5)心身共に健康で、地域住民とコミュニケーションを図り、意欲的に取り組める方

(6)協力隊員の活動終了後、由利本荘市に定住し、起業・就業しようとする意欲のある方

(7)東京都内説明会または現地説明会(お試し協力隊)に参加し、プロジェクトの趣旨を十分に理解して頂いた方

求める人物像(必須要件ではありません)

(1)好奇心、向上心があり、自然を好み、アウトドアを楽しめる。

(2)人との交流や積極的なコミュニケーションが出来る。

(3)PC操作や一般的なビジネススキルの他、自己表現の特技・趣味をもっている。

応募期間

書類送付期間:令和4年10月3日(月)~令和4年12月15日(木)17:00(受理完了)

法体の滝でSUPを楽しむ

説明会の開催

(1)東京都内説明会

日程

令和4年10月29日(土)13:30~15:30

開催場所

モンベル御徒町店 4階 サロン(東京都台東区上野3-22-6 コムテラス御徒町)

主な内容

由利本荘市の紹介

プロジェクトの説明

現役協力隊との意見交換

移住に関わる個別相談

(2)現地説明会(お試し協力隊)

日程

令和4年11月19日~21日の三日間

集合場所:JR羽後本荘駅(13時集合)

※ご利用の交通機関によって時間が合わない場合はご相談ください。

主な内容

1.実際に由利本荘市内で活動する団体や個人との交流を通して、活動内容を知って頂きます。

2.広大な本市のフィールドを見てもらい、アクティビティの多様さに触れて頂きます。

3.観光施設を見学し、地域が抱える課題や問題点を共有するワークショップを行います。

※気象条件によっては実施できない内容がありますのであらかじめご了承ください。

費用等

参加料は無料になりますが、本市までの旅費、宿泊費、食卓料等は参加者の負担となります。

必要に応じて宿泊先の斡旋を行いますので、お気軽にご相談ください。

参加申込み

募集期限:令和4年11月16日(水)

お申し込みフォームはこちら

地域おこし協力隊現地説明会日程
※日程は目安です。天候やその他の都合により変更となる場合があります。
※時間や日程に不都合がある場合は、ある程度調整いたしますので、お気軽にご相談ください。

応募の手続き

(1)第1次選考(書類)

下記の書類を申込み応募期間内にメールにより期間内必着で提出して下さい。
本市より受信確認のメールを返信します。3営業日以内に市から返信がない場合はシステム上の都合などにより受理されていない場合がありますので、電話等でご確認下さい。
本市からの受信確認のメールがない場合、受付されていないものとします。

◆メールへの添付書類

1.地域おこし協力隊員応募申込書(様式1)
2.地域おこし協力隊活動目標レポート(様式2)
3.住民票(写) 1通(1カ月以内のもの)

◆問い合わせ・提出先

〒015-8501 秋田県由利本荘市尾崎17
由利本荘市役所 観光文化スポーツ部 観光振興課
電話:0184-24-6349
Eメール:kanko@city.yurihonjo.lg.jp
由利本荘市公式サイト:https://www.city.yurihonjo.lg.jp/
サイトQRコード
書類選考の上、12月下旬に結果を応募者全員にメールで通知します。
※提出された書類の返却はできません。

(2)第2次選考(面接)

第1次選考合格者を対象に1月上旬に面接を行います。
詳細については対象者に別途お知らせします。

(3)最終結果

最終結果(合否の判定)は対象者全員にメールで通知します。

朝日の鳥海山