道の駅岩城・おおうちに発電機が寄贈されました!

道の駅に発電機を寄贈したのは一般社団法人 日本道路建設業協会東北支部です。

日本道路建設業協会では社会貢献活動の一つとして、道の駅が地域活性化の拠点として発展することを願い、
平成24年度から大規模地震の発生が危惧される地域を対象に、発動発電機を寄贈する活動を行っています。

今年度も7つの道の駅に寄贈しており、このうち由利本荘市内では、
地域防災計画に位置付けられている「道の駅岩城」「道の駅おおうち」に発動発電機が贈られました。

発電機は今後、各道の駅で活用される予定です。