教育目標

校訓・教育目標と目指す姿                 

 
  校 訓     進歩(文)     健康(武)     協力(道)     
  教育目標      自ら学び     心身を鍛える     感性豊かな生徒の育成
      
      

(1)目指す生徒像(「夢あきらめない生徒」)と具体的な姿

①目標をもち 進んで学習する生徒・・・・・・・・・・・・・・・・進歩(文)
  ○自分の夢に向かい,進んで学習に取り組み,課題解決に向かって努力する生徒
  ○自分の考えを自分の言葉で表現し,学び合い,共に高まろうとする生徒
  ○基礎的・基本的な学力が身に付き,進んで家庭学習や読書に取り組む生徒
②心身を鍛え 最後までやり抜く生徒・・・・・・・・・・・・・・・健康(武)
  ○自分の夢に向かい,苦しさや困難を乗り越え,心と体を鍛える生徒
  ○自分の目標をしっかりもち,粘り強く最後までやり抜く生徒
  ○無言清掃や係活動などに自主的に取り組むことができる生徒
  ○規則を守り,自分の命を自分で守ろうとする生徒
③思いやりの心をもち 協力して活動する生徒・・・・・・・・・・・協力(道)
  ○明るく元気な心のこもったあいさつができる生徒
  ○温かな気持ちで友だちとかかわり,協力し合いながら高まろうとする生徒
  ○ふるさとの自然や人,文化に触れ,ふるさとに誇りをもつことのできる生徒

(2)目指す学校像~「チーム由利中 心ひとつに」「この坂を上れば希望がある」

①生徒一人一人が夢をもち,その夢を叶えたいという希望に満ちた学校
②明るく元気な心のこもったあいさつが交わされる,安全で安心できる学校
③生徒の思いや願いが大切にされ,一人一人が生き生きと活動できる学校
④みんなが助け合い,「なりたい自分」を目指して高まっていこうと協力し合う学校
⑤家庭や地域から信頼され,「ふるさと由利」に誇りをもち,地域に笑顔と元気を発信する学校

(3)目指す教師像~生徒と共に「夢あきらめない」教師

①生徒のよさを認め,生徒に寄り添い,「夢あきらめない」で生徒の夢の実現を目指す教師
②心身共に健康で,優しさと厳しさの調和のとれた教師
③誇りと使命感をもって,協働体制を尊重しながら,チーム一丸となって取り組む教師
④生徒や保護者から信頼され,地域に根ざした教育活動を推進する教師

学校経営の重点と施策

(1)確かな学力の育成 ~授業改善による 分かる・できる・楽しい授業づくり~

①生徒指導の三機能を生かした授業づくりを通して,「なりたい自分」をしっかりもって学習 に取り組めるよう,学習意欲の向上を図る。
②学習課題の吟味や課題解決につながる学習活動の展開,個に応じた細やかな指導や支援を工 夫し,一人一人に基礎・基本の確実な定着を図る。
③「なりたい自分」というめあてをもち,課題解決的な学習の学び方を身に付けさせ,学び合 いの充実を図り,課題の発見・解決に向けた主体的・対話的で深い学びの推進に努める。
④「より質の高い『問い』を発する子ども」の育成を目指し,読む力・聞く力・話す力・書く 力を伸ばす指導方法の工夫と場の設定に努める。
⑤授業と家庭学習をリンクさせることで,次の学びに生かし,主体的に学ぶ姿勢を育てる。
⑥基礎・基本の定着のために,YCSや全校一斉テストなどの工夫と充実を図る。

(2)豊かな心の育成 ~思いやりの心と豊かな感性を育成する教育活動の推進~

①明るく心のこもった「立ち止まりあいさつ」や返事,相手や場に応じた言葉遣いや態度の育 成を通して人間関係づくりに努め,思いやりの心を育てる。
②道徳の時間の指導を充実させると共に,全教育活動を通して道徳性の育成を図る。
③学級・学年・異学年交流などを通して,集団の中で互いにかかわる力や仲間意識を高める。
④一人一人のよさや可能性を発揮できる行事・集会活動を工夫し,主体的な態度を育てる。
⑤「ふるさと由利」の豊かさに触れる機会,自然や本物にふれ合う活動やボランティア活動の 場と機会の設定や読書活動を通して豊かな感性を育てる。
⑥全校体制で安全で安心な学校づくりに取り組み,愛校心の醸成に努める。

(3)たくましく生きる力の育成 ~キャリア教育の推進と健康・安全な生活の充実~

①教育活動全体を通したキャリア教育の充実により,自己理解の深化と学年に応じた自分の将 来の目標である「なりたい自分」に向かおうとする意識を育む。
②地域に根ざした心に残る体験活動を通して,「ふるさと由利」に生まれた誇りと自己理解に 基づいたキャリアプランニング能力の育成を図る。
③「無言清掃」やボランティア活動等,生徒の主体的な活動の充実に努める。
④体育的行事や部活動を通して体力づくりに努めると共に,食育に対する意識の高揚を図る。
⑤自分の命を自分で守る実践的な態度の育成と,地域と連携した安全指導の徹底を図る。

(4)よりよい人間関係の醸成 ~生徒指導の機能を生かした集団づくり~

①一人一人が認められ,学習集団として夢の実現を目指して高まり合う学級づくりに努める。
②「生徒に寄り添う」授業や諸活動を通して,「よりよい人間関係」を築きながら,自尊感情 や自己有用感を感得できる場や機会を意図的・計画的に設定する。
③安全で安心できる環境づくりに努め,いじめのない学校づくりと教育相談の充実を図る。
④家庭や地域,関係機関などとの連携を図りながら,規範意識の醸成や組織的な指導体制の確 立に努める。
⑤常に子どものよさや頑張りに目を向けながら,生徒理解の充実と適切な指導を心がける。

(5)開かれた学校づくり ~地域との共生を通したふるさとの明日を担う子どもの育成~

①地域の人々と触れ合う活動や地域の施設を積極的に活用した体験活動などを取り入れること で郷土の自然や風土を愛する心の育成を図る。
②コミュニティスクールとして,学校運営協議会を中心に地域とのさらなる連携を図り,地域 に開き,教育活動への理解と協力を深めるために情報発信に努める。
③幼・小・中・高との連携を推進し,長いスパンに立った教育活動の工夫と実践に努める。
④保護者・地域の人々・学校評議員・学校関係者評価委員による学校評価を活用し,学校経営 の改善に生かす。
⑤地域やPTAと連携した安全対策・防災教育を推進する。
⑥地域との「共催」による学校行事の推進を通して,地域との「共生」とふるさとの一員とし ての誇りを育てる。

(6)教職員研修の充実 ~生徒主体の授業の創造と授業力の向上~

①生徒主体の授業を目指して,指導方法の改善に積極的に取り組む。
②教科の枠を越え,互いの授業を見合うなど校内研修を有効活用し,授業力の向上に努める。
③校外研修や「愛宕会」などの校内研修を通して積極的に自己研鑽に努めようとする意識の向 上と,学校文化の継承,授業力の向上を目指す教師集団づくりに努める。
④教育公務員としての使命感や誇りと自覚をもって,不祥事根絶に努める。

実践にあたって,「率先垂範・師弟同行」
・職員会議や企画委員会を機能させて,期毎の活動目標を具体化し,適時性のある指導を行う。
・「一人一人が学校を動かす」という意識をもち,全体・学年部・3指導部会などで共通理解を 十分図りながら,共通実践事項の徹底を図っていく。
・PDCAサイクルで,月,期,学期毎に成果と課題を明らかにし,具体的な改善を図りなが ら教育活動を推進する。
・朝の打ち合わせ(月・木)のない日に企画委員会を開き,情報交換を通して,生徒の実態把握 を行うことで,組織として適切な対応が図られるようにする。


  「この坂を上れば希望がある」生徒がそう思える学校となるために                    
  「自己を高め,生徒の希望となる教師」「生徒と共に『夢あきらめない』教師」を目指す
      ・生徒のよさや頑張りを認めることのできる教師に(豊かさ)→「褒める」教師   
      ・生徒に寄り添い,共に成長する教師に(強さ) →「支える」教師  
      ・生徒から出会えてよかったと思われる教師に(あこがれ) →「成長する」教師