学校概要

経営の基調

(1)学校の生い立ちと歩み

 本校は、学制が発布された翌年の明治6年12月7日に開校した。それまでにも、矢島は、藩校「日新堂」によって藩士の子弟の教育がすすめられ、藩内にも家塾や寺子屋が数多く存在するなど、文教の町としての基盤があり、学校教育への理解度が高い地域だったといえる。
 その後、学制や校名、校舎の変遷があったが、昭和47年に現校舎が竣工し、寄宿舎の設置や7つの分校及び1つの冬季分校の廃止を経て、平成元年の寄宿舎の閉鎖により現在の学校環境となり、今年度で146年目を迎える学校である。
 他校に先駆け平成15年度より二学期制を導入し継続して実施している。平成17年3月22日、由利本荘市の誕生によって校名が「由利本荘市立矢島小学校」となった。平成17年度より2年間、文部科学省「人権教育」の指定を受け、平成18年11月には公開研究会を開催した。平成24年秋には、これまで脈々と受け継がれてきた「地域を愛し、地域から愛される学校づくり」を形とするコミュニティ・スクールの指定を受けている。平成28年度には、地域と学校の連携・協働の推進を評価され、矢島小学校学校運営協議会が、文部科学省より「地域学校協働活動」表彰を受けるに至っている。更に平成29年度には、「矢島小子ども見守り隊」が、「秋田県学校安全優良団体」及び「秋田県安全・安心まちづくり功労者」表彰を受けるなど、継続的・献身的な学校支援活動が評価されている。

(2)地域と子どもの実態

 校区は旧矢島町全域であり、国定公園鳥海山の北部山麓に位置し、市街地には住宅、商店、工場が集まり農工商と観光開発を主体とした、山と川、そして、豊かな自然環境に恵まれた四季の移ろいの美しい町である。また、城下町として栄えた歴史は香り高い文化をはぐくんできており、現在も落ち着いた風格を漂わせている。一方、地域の現状として急速に少子高齢化が進んできており、人口の減少も続いている。本校でも児童数は年々減少傾向にある。
 保護者や地域の方は子どもの教育に深い関心と熱意をもっており、運動会やスキー教室・PTA行事や「ひまわりプロジェクト」等の諸活動においても積極的に関わってくださり大変協力的である。子どもたちの多くは、素直で明るく、規範意識も育っており、他人に対してもやさしい心で接することができる。しかし、互いに競い合い高まり合う意識をもたせることや、考えや思いを自分から進んで積極的に表現することなどに関しては、いくつかの課題も残っている。

(3)本年度の学校経営にあたって

① 「子どもを主体とした経営」 《通いたくなる学校》
 学校の主役は子どもであり、子どもの「学力保障」と「成長保障」が学校の果たす役割である。全ての教育活動において、子どもを手段としてではなく、子どもを目的とした経営を行う。そのために、学校の教育目標が、子ども一人一人において「どこまで」・「どのように」育まれているのか、「子どもの具体的な姿」で検証し、より教育効果の上がる手立てを模索しながら常に改善を図り、目指す子ども像の具現化に結びつけるようにしたい。同時に、児童に対しても全校児童テーマを設定し、児童自身がよりよい自分の追求に行動できるようにしていきたい。
② 「教師の同僚性、研修の充実」 《勤めたくなる学校》
 一人一人の教師の教育実践が「学校という組織の活動を担っている」という自覚をもって意欲的に取り組んでいきたい。そのためには、教職員の一人一人が研究と修養に努めて共に学び、共に進もうとする姿勢が大切である。マンネリを脱し、互いの意識改革を促しながら、協働の精神で取り組んでいきたい。チームワークとは、自分の受け持っている仕事を完璧にこなすこと、その上でほかの人をフォローできるだけの能力を高めることと捉えて実践していきたい。また、教職員個々の校務分掌に応じた教育課題を設定し、教育目標の具現化に向けた実践を行うことで、学校経営への参画意識を高められるようにしていきたい。
③ コミュニティ・スクール、開かれた学校づくりの推進 《通わせたくなる学校》
 本校は平成24年度半ばより、コミュニティ・スクールを施行している。学校と地域が力を合わせることにより、互いに信頼し合い、それぞれの立場で主体的に地域の子どもたちの成長を支えていくことができ、そのことが学校づくり、地域コミュニティづくりを進めていくことになる。その前提として、学校の考えや実践結果など公表して保護者や地域と情報を共有し、成果と課題の分析や改善方法の策定に努めることが必要である。「地域と共に、地域のための」学校となるためには、学校行事やPTA活動、「みんなの登校日」や「放課後子ども教室」等の活動への積極的な参加を呼びかけることを通して学校理解を深め、「学校支援活動」によるクラブ活動や授業等への学校支援の協力を働きかけることで地域による学校支援を確固たるものとしていきたい。同時に、地域の行事や活動等に子どもたちが積極的に活動に参加し、地域に貢献できる学校を目指していきたい。