修学旅行で秋田を満喫!(1日目 9月9日)

昨年は岩手県で実施した修学旅行でしたが、今年は全国的に広がっている新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、県内での修学旅行を計画していました。しかしながら、秋田県、特に由利本荘市での感染が広がった影響で、直前まで実施の可否を悩んでおりましたが、保護者のご理解とバス会社や訪問先での徹底した感染対策状況を確認、実施に至りました。

○角館武家屋敷散策と桜樺細工制作体験
観光客はほとんど見られず、武家屋敷を散策。お目当ての和菓子やプリンのお店、お土産店さんからとても歓迎され大満足。






桜樺細工の老舗、(株)八柳の工場で桜の皮を削ったり、にかわで削った皮を貼り合わせて、キーホルダーを作りました。






昨年、6年生のキャリア講話で来ていただいた専務さんのご厚意で制作体験を行うことができました。

○土崎みなと伝承館
終戦前夜の土崎空襲の映像や遺品を見たり、語り部の体験談を聞いたりして、平和について考えました。絆の茂里の話との関連もあり、学習が深められました。






○大潟村干拓博物館
干拓前は日本2位の広さの八郎湖。干拓の歴史を学びました。




○男鹿観光ホテル
充実した研修を終え、男鹿温泉郷のホテルに到着。


夕食は豪華で、石焼き鍋の実演も見られ、おいしくいただきました。


夕食後は、ホテルのすぐそばにある「五風」移動し、なまはげ太鼓の鑑賞。迫力あるバチさばきとパフォーマンスは圧巻でした。



おやすみなさい。