ドローン初フライト!

学校にドローンがあります。昨日教育長さんから飛ばし方を教えていただき、昨日に続き今日も飛ばしてみました。









校長室から飛ばし、屋上やプールを上空から撮影してみました。

外での行事を上から撮影したり、いろいろ使えそうです。

市教委訪問

教育長、教育委員2名、学校教育課長、指導主事が来校し、授業一巡後、学校経営について協議、指導助言をいただきました。

1年生は体育です。準備運動をした後、ドッジボールのルールをどのようにするか話し合っていました。


2年1組は算数。㎝と㎜がまじった長さの加減を誤答などをもとに対話したり、全体で話し合ったりして、同じ単位同士で計算することを導き出しました。


2年2組は国語。カタカナ言葉を正しく発音しながら、カタカナ言葉を集めていました。校内にたくさんあることを発見していました。


3年生は算数。2桁の数でしかも繰り上がりのあるたし算の暗算の仕方を対話や黒板での説明をもとにまとめていました。


4年生は国語。短歌や俳句をグループで声を合わせて読んで言葉の響きやリズムに親しんでいました。


5年1組は理科。日光とや肥料と成長との関係をいくつかの実験結果から考察していました。


5年2組は理科。い ろいろな色の液体 を同量ずつ重ねた ときの液体の様子を 観察していました。


6年生は算数。分数tと小数の混じった乗除にたくさん取り組み、分数のよさを感得していました。


訪問にいらした皆さんは、統合後の活気のある学習の様子に感動していました!

特別支援教育セミナー

聴覚支援学校などから指導主事や特別教育支援アドバイザーなどが来校し、セミナーを開催しました。



難聴学級の児童は、集めた言葉をもとにした「夏の言葉」クイズを作る学習を、パソコンやタブレットを活用しながら担任と楽しく進めていました。

我々教職員はモニターを通して授業参観しました。


難聴学級に指導だけではなく特別な支援を要する子どもたちの支援について学びました。
 

縦割り遊び

1回目の縦割り遊びを行いました。
トランプやかるた、絵しりとりなど各班工夫して、縦割り班のメンバーと仲良くなる活動に取り組んでいました。







読み聞かせ会スタート!

読み聞かせボランティアの方々による朝の読み聞かせ会がスタートしました。
こどもたちは朝からとても楽しみにしていて、目と耳と心でお話しを楽しんでいました。
小友、石沢両地区から9人のみなさんがボランティアに参加していただいています。
本当にありがたいことです。











プール清掃

午後からプール清掃を行いました。
4~6年生が場所や役割を分担をし、歓声をあげながらも手際よくきれいにしてくれました。











7月から水泳授業を実施します。

夏休み中のプール開放を行う予定ですが、監視人さんがいなくて困っています。
どなたかいらっしゃいませんか?

縦割り花壇の花植え

小中合同あいさつ運動に引き続き、玄関前の花植えを行いました。
人権の花のプランター作りを先週行ったばかりなので、縦割り班ごとに手際よくサルビアとマリーゴールドの花を植えていました。





人権の花プランター、山浅さん寄贈の寄植えに加え、玄関両脇の大きな花壇の花たちが、学校に来た子どもたちやお客様を迎えてくれます。

小中合同あいさつ運動

中総体の代休でしたが、小友小、石沢小出身の本荘東中学校の生徒が登校して来た小友小児童を迎えてくれました。
登校後の児童会本部員や警察署員、人権擁護委員も加わり、にぎやかな朝となりました。









子どもたちは、中学生の多さに少し威圧感を感じていましたが、登校後は2階から先輩たちの様子を興味深く見ていました。
中学生たちは、スクールバスや羽後交通バス、タクシーが玄関前まで来ることに驚いていました。

例年今回の1回あいさつ運動ですが、今年は何度か行う予定のようです。楽しみです。

統合後初の学校運営協議会開催

統合後初めての、学校運営協議会を行いました。
委員の紹介の後、学校経営やコミュニティ・スクールの推進について説明し、全学級の授業を参観してもらいました。












授業参観の後の協議では、次のようなお話しがありました。
○バスの往来や太鼓の音などこれまでになかった新しさが加わり、新しい学校として地域の方と一緒に子どもたちを育てていきたい。
○石沢から通う子どもたちが、学校に行くのが楽しいと言っている。授業でも違和感なく取り組んでいる。引き続き元気に仲よくやってほしい。
○石沢に学校がなくなったさみしさを感じている。絆の茂里や人権の花の植栽など、石沢に足を運んだ取組をこれからもお願いしたい。
○ふるさと教育を大切にしていってほしい。
○学年が上がるにつれ、授業の様子からも心身ともに成長しているのを感じた。
○電子黒板などICTの有効活用で授業の活性化を図ってほしい。
 

絆の茂里学習

小友小、石沢小の元校長佐々木彰先生が来校し、6年生を対象に、絆の茂里について講話していただきました。



]

 東京から石沢に疎開に来た女子中学生が当時お世話になったことに感謝したいと築かれた「絆の茂里」。戦争のことや石沢での疎開の様子、平和を守る心をいつまでも持ってほしいことなど、子どもたちにわかりやすく教えていただきました。

 子どもたちの感想の中には、「初めて知った絆の茂里」「疎開に要請に応えた村長さんのこと」「女学生さんたちの深い感謝」「改めて知った石沢のすばらしさ」について、書かれたいるものが多かったです。

 桜の咲く季節には、是非「絆の茂里」に行って、疎開してきた女学生の皆さんの気持ちに思いをはせてみてほしいと思います。

歯科検診

学校医の藤原先生(秋田県歯科医師会会長)が来校し、歯科検診を行いました。



4~6年生でしっかり磨けていない子どもが多いこと、上下の歯の表側に磨き残しがあること、フッ化物洗口をする際に奥歯まで洗口液が届くようにほっぺを膨らませてうがいをするとよいこと、コロナ禍の歯磨きとして飛沫を飛ばさないようにできるだけ口を閉じた磨き方も有効であること、など教えていただきました。
 

人権の花(2) 小友・石沢地区での植栽活動

午後からは、6年生の子どもたちが、学校外の施設に出向いて人権の花植栽活動を行いました。
プランターと土、花苗は事前に届けておきました。

小友保育園






石沢保育園




どちらの保育園からも大歓迎を受け、少し照れくさかったようですが、喜ばれてとても満足げでした。

石沢地区では、保育園のほか、駐在所、ウッディホール、郵便局にも行きました。




小友地区では、公民館、郵便局、3つの介護福祉施設にも行きました。

泉の里では、花を植えるとこを見ていただきました。みなさんとても喜んでいました。


椛では男子2名で鉢作り。頼もしいです。




ケアビレッジイーストでは、子どもたちが来て花を植えてくれたことに感動で涙している方もいました。お礼に「ふるさと」の歌を歌っていただきました。

人権の花の活動の様子は16日のケーブルテレビで放映されるそうです。

 

人権の花(1) 縦割り班

子どもたちが協力し合って花を育て、育てた花を地域の方にも見てもらおうと、人権の花植栽活動を行いました。
2時間目に、12ある縦割り班ごとに2つのプランターに土を入れ、花苗を植えました。6年生がリーダーとなって仲よく上手に植えていました。植えたプランターを玄関に運び、5年生が水をかけました。















三条の山浅さんからも大きな寄せ植えの鉢を4ついただき、玄関の左右がとても華やかになりました。
明日から、学年毎に水をあげて、更にきれいに咲き誇る玄関になると思います。
 

熱中症に注意!

本日正午の百葉箱の気温が31度を超えました。




熱中症計も警戒ランプが点灯しています。

各教室のエアコンも初運転。昨年の夏休みに設置してもらいました。本当に感謝です。

小友保育園運動会間近!

保育園の運動会が12日(土)に行われます。
小学校のグラウンドを使って一生懸命練習しています。




グラウンドの田んぼ側では4年生が体育をやっています。



先日、保育園の運動会練習でけがをしている子どもを見付けて6年生女子が絆創膏を持ってきてくれたり、園児の一生懸命頑張る姿に「かっこいいね」と励ましたりしていることを保育園から連絡をいただきました。

保育園と小学校が隣にあるよさが生きていると改めて思いました。

小友保育園の運動会の盛会を祈念いたします!
 

秋田県教育庁中央教育事務所由利出張所長訪問

由利出張所長訪問がありました。本校の実態に応じた豊かな教育活動が推進されているか、指導助言するための訪問です。
経営説明の後、授業一巡しましたが、よい評価をしていただきました。

1年生は、生活科。学校探検で見付けたことを伝え合う対話の場面です。




2年生は体育。しっぽとりゲームをする前の準備運動の場面です。




3年生は理科。植物がどれくらい育ったか、茎の高さや葉の色や形、数などに着目して発表していました。




4年生は、担任と教育専門監とのTTの外国語活動の授業。曜日の言い方の学習でした。




5年生は算数。担任と教務主任のTTで、わり算の商が割られる数より大きくなる場合について学習していました。大卒初任の先生ですが、私が初任の頃よりも数倍授業が上手です。




6年生もTTの算数の授業。分数の場合でも交換法則、結合法則、分配法則が成り立つのか調べ、自分のペースに合わせ、たくさんの問題にチャレンジしていました。






 

たてわり清掃スタート!

 たてわり活動は小友小学校の教育の特色の一つです。その意義は、社会性の基礎や社会性の基礎となる「自己有用感」を育てることです。つまり、子どもたち自身に「関わり合う喜び」を感じとらせることです。上学年は、自分の役割を自覚して一生懸命行動したことが、下学年のお手本になった、役に立ったと感じとれたときに、自己有用感が育ちます。そして、下学年は、上学年のしてくれたことに感謝し、自分もあんな上学年になりたいとあこがれの気持ちをもつことが成長につながります。
 たてわり清掃も、いよいよスタートです。しかも、無言で取り組むことにも挑戦しています。自問しながら集中して取り組む15分が「あす」につながります。












 

水やりがんばっています

1年生の朝顔が芽を出し、あっと間に本葉の数も増えてきました。2年生はキュウリやトマトなどのいろいろな野菜の苗を植えています。晴れた日の朝、1、2年生は大きくなあれと言葉をかけながら水をあげています。





昨年の今頃、「アカショウビン」の記事を載せましたが、今年も出現しました。残念ながら、鳴き声しか聞けませんでしたが、独特の鳴き声で登校してきた子どもたちも出勤してきた職員もその泣き声に驚いていました。昨年は姿のみ、今年は鳴き声のみ。火の鳥の異名を持つ「アカショウビン」、また現れないでしょうか?

本荘由利小学校陸上競技大会

5日(土)水林陸上競技場で、本荘由利小学校陸上競技大会が行われました。18名の選手が参加し、5年男子100m5位、6年男子100m5位、女子800m3位に入賞しました。選手の皆さんの一生懸命最後まで競技する姿に感動しました。















 

陸上部壮行会

明日6月5日(土)水林陸上競技場において、本荘由利小学校陸上競技大会が開催されます。
小友小学校からは、18名の選手が、4~5年男女100m走、女子800m走、男子1000m走、コンバインドB(走幅跳、ジャベリックボール投)、男女混合400mリレー、友情レースに出場します。











大会に参加をすることは、心身の鍛錬につながります。自分から進んで大会に参加しようという気持ちにまず拍手を送りたいと思います。他校との交流も楽しみながら、自分の力を大いに発揮してきてほしいと思います。