避難訓練

3校時目に地震を想定した避難訓練をしました。
先日「防災アラートアプリ」が起動してすぐに、校内放送で机の下に隠れるように指示すると、全校すぐに静かに机の下に隠れることができていたので、今日の避難訓練では、揺れが収まった後の「避難」に重点を置きました。











学校は大きな地震にも耐えられる構造になっています。危ないのは地震による落下物、移動物です。窓ガラスも割れる可能性があります。そのために、教科書などを頭に載せて整然と避難ができました。

本日、各家庭に「大地震が発生した場合の対応」を配布しました。地震に限らず、災害時の各家庭の約束を確認してほしいと思います。

小友地区町内子ども公民館植栽活動

29日~30日にかけて、小友地区の町内子ども会で花の苗植えをしています。これは、小友公民館の事業で、2年ぶりの開催となりました。





朝6時頃から作業する町内が多かったのですが、29日(土)に行った町内は親子で協力して花苗を植えていました。休日の家族、町内のふれあい、いい雰囲気でした。


 

田植え

5年生の田植えがありました。大沢町内の菅原さんが指導と田んぼの提供をしてくれました。
張り切ってスタートです。


石沢小学校では1年生から行っていますのでこの方たちはプロです。




中には別の意味のプロがいます。







足を洗って


最後に菅原さんからお話しをいただきました。

例年より上手に植えていたこと、時々成長の様子を見てほしいと言うことでした。

隣の田んぼは直まきの田んぼですので、比較して見ると面白いと思います。

内科検診

午後から内科検診がありました。




今年度から校医さんがさけみ小児科クリニックのI先生にかわりました。
人数が増えましたが、子どもたちがお利口さんで予定通り終わりました。

”渋沢栄一”コーナー新設

大河ドラマ『青天を衝け』の主人公、「日本資本主義の父」とも称される渋沢栄一。
学校司書にお願いしたら、中央図書館と連携してすぐに「渋沢栄一」コーナーを作ってくれました。早速、手に取ってみたり、借りたりする子どもがいたようです。



中央図書館にお願いすると、いろいろな本を集めてきてくれます。すごく、便利です。

サツマイモ苗植え

縦割り班でサツマイモの苗を植えました。植え方を上学年の子どもたちが事前に覚え、6年生と1年生、5年生と2年生、4年生と3年生がペアになり、上学年の子どもたちが下学年の子どもたちをうまくリードしながら苗を植えました。










今年も密を防ぐために、12班の縦割り班を奇数班と偶数班に分け、時間差での活動となりました。根付くまで各班の担当学年が日替わりで水やりをします。昨年はねきりむしの被害があり心配しましたが、今年は順調に育ってくれることを祈ります。秋に収穫するときに、どのくらい大きくなっているかどきどきしながら掘り返すのがとても楽しみです。





 

統合初の運動会 大成功!

統合最初の運動会ということで、子どもたちはもちろん、お天道様まで張り切って、熱中症対策をするほどの晴天となりました。
本日、大運動会が盛大に行われました。

開会式の選手宣誓、立派でした!


徒競走の後は、「石中ソーラン」、石沢中学校オリジナルのソーラン節が石沢小学校に伝わり、いま小友小学校に引き継がれました。






1・2年生の色別対抗玉入れです。玉入れの後ろの鳥海山もきれいですね。

玉入れは白組が優勝です。

3年生以上の色別対抗綱引き。





赤、白、黄の3色、なかよく1勝1敗でした!

1~3年生の色別対抗リレー

赤組が優勝しました!

4~6年生の色別対抗リレー





優勝は白組! 黄組惜しかったですね。

総合優勝は・・・

赤組でした! おめでとう!

無事運動会が盛会の内におわりました。
子どもたちのマナー、保護者のマナーがよく、運営がスムーズにおこなわれました。
コロナ対策のため、急遽、特別な来賓席は設けず、そして、PTA種目やPTAが役員をする場面は取りやめました。子どもたちは、走るとき以外はマスク着用を基本とし、種目によっては開始前後に手指消毒するなど、新型コロナウイルス感染症対策をしっかり行うとともに、開会式から半袖短パン、帽子の着用とし、水分補給を指示するなど熱中症対策も行った上での開催となりました。それでも、子どもたち一人一人の活躍が見られ、人数が増えた迫力、見応えのある運動会となりました。統合したよさを味わえた運動会になりました。

1年生と2年生のなかよしの会

5月7日、1年生に早く学校に慣れてほしいという願いを込め、「なかよしの会」を2年生が企画してくれました。
自己紹介、学校の約束、学校探検、ゲーム、プレゼントなど、盛りだくさんのプログラムでした。

校長室にも探検に来てくれました。




ゲームも楽しそうです。


立派に2年生が進行してくれました。1年生はこれを見習って、来年の1年生をおもてなししてくれることと思います。






 

宮沢林道の大しゅう曲露頭

鳥海山・飛島ジオパーク、由利本荘エリアのジオサイトにも紹介されている「宮沢林道の大しゅう曲露頭」に、行ってきました。今日は、PTA奉仕作業を7時半頃に終え、2人の職員と3人で宮沢に行ってきました。


鳥海山・飛島ジオパークのHPでは、宮沢林道について次のように紹介されています。
「300万年前から日本列島にはプレートの動きにより東西方向から押される力が働きます。東日本全体が隆起し、しわが寄るように奥羽山脈や出羽丘陵ができ始めます。その力はとても大きく、地層が強い力を受けて押し曲げられたのがしゅう曲です。ここでは幅約20m、高さ約50mにわたって布団をたたんだような「横臥(おうが)しゅう曲」が見られます。見た目から「ジグザグしゅう曲」や「アコーディオンしゅう曲」とも呼ばれています。「日本の地質構造100選(日本地質学会)」にも選ばれているみごとなものです。」

PTA奉仕作業

心配された雨も上がり、運動会前の草刈り、側溝泥あげ作業が行われました。6時半からの作業でしたが、約50人の保護者が参加してくださいました。













早朝からありがとうございました。運動会が晴れることを期待しています。

交通安全教室&3年自転車教室

由利本荘警察署交通課交通指導係の工藤巡査長と子ども見守り隊(大中ノ沢斉藤良明隊長)に来ていただき、交通安全教室を行いました。
初めに、見守り隊の方々を紹介しました。
元気なあいさつで、毎日の見守りに感謝の気持ちを表すことができればと思います。


工藤巡査長からは、横断歩道の渡り方、自転車の乗り方など、命を守るための大切なお話しをしていただきました。


お話を聞いて、もっと聞きたいことをたくさんの子どもたちが質問していました。


最後に6年生の代表がお礼の言葉を立派に述べました。


交通安全教室を終えて、職員室前の廊下で工藤巡査長が写真を興味深げに見ていました。
子どもの頃御野場で柔道をやっていたので、小友唯心塾の活躍や知っている指導者のことが懐かしかったようです。

次は、3年生の自転車教室です。子どもたちはお家の方から自転車を運んでもらったり、自分で押してきたりして、久々の外での開催の自転車教室に張り切っていました。





鳥海山もよく見える中、自転車の乗り方を覚えたと思います。
ヘルメットをかぶって、安全に気を付けて乗ってほしいと思います。

三条揚水機

5月1日より、学校前の大きな水槽?の所から大量の水が湧き出し、水路に勢いよく水が流れています。




これは、三条揚水機といって、子吉川から水を引いて田んぼの水を潤すための施設です。




田んぼに水が入り始め、田植えがもうすぐ始まるのでしょう。


学校の前には、「三条揚水機竣工記念」の石碑が立っていて、昭和45年6月29日衆議院議員笹山義太郎書、と彫られています。約50年前(半世紀前)のことです。

龍馬山山頂で地震に遭遇?!

連休中はあまり天気がよくないということで、昨年小友地域振興会で探索した水沢の滝(滝不動)に行ってきました。
道が分かっていたので、約20分で到着。神秘と迫力を感じます。



帰りは学校の森へ回り道。看板の脚が倒れて朽ちていたので、一応立ててきました。


次に目指すのは、龍馬山。


車を置いて、6分で頂上到着。




鳥海山の頂上は曇っていて見えませんでしたが、日本海は見えました。館前は見えますが、学校は見えません。
と、景色を見ていると、「緊急地震速報」が鳴り・・・、しばらくして、山頂にある建物がガタガタと音を立てて揺れ始めました。



少々ビビりました。震源に近いところの被害状況が心配です。