校門にサンタが?!

令和2年最終日。校門でサンタが子どもたちを迎えました。




プレゼントをねだられましたが、あわてんぼうのサンタクロースは忘れてきてしまいました。

最終日の登校は、登校班のリーダーたちがスピード調整しながら、低学年にあったスピードで歩いてきたようでした。
冬休み明けも、温かい人間関係の中、安全な登校ができるように、リーダーたちに期待したいと思います。

よいお年をお迎えください。
 

だまこもちづくり

5年生が地域の方の田んぼで育てた米をつかった郷土料理「だまこもち」を作りました。






校長室に「みたらしだんごできました」と言ってきましたが、だまこ汁でした。シンプルで上品なお出汁のきいただまこ汁でした。ごちそうさまでした。

たてわり活動愛校日

たてわり活動愛校日。たてわり班に分かれて各掃除箇所の掃除をしました。



とてもよく取り組んでいるので、毎日たてわり清掃にしようと考えています。

たてわり清掃が終わったら、今度はたてわり遊びです。体育館やプレイホールなどで楽しそうに遊んでいました。


 

たてわり活動愛校日

たてわり活動愛校日。たてわり班に分かれて各掃除箇所の掃除をしました。



とてもよく取り組んでいるので、毎日たてわり清掃にしようと考えています。

たてわり清掃が終わったら、今度はたてわり遊びです。体育館やプレイホールなどで楽しそうに遊んでいました。


 

難聴理解学習

 聞こえない、聞こえにくい子どもがよりよく学校生活を送るにあたっては、聞こえない、聞こえにくい人の立場に立って考えることや、相手を思いやる気持ちを育むことが重要です。
 難聴学級のあることのよさを生かした学校経営を柱としている本校では、聴覚支援学校の支援を受けながら、様々な取組を計画しています。
 本日は、聴覚支援学校から2人の先生に来校いただき、1,4,5,6年生が難聴理解学習を行いました。




 人工内耳や補聴器の説明を聞いた後、「聞こえにくさ」の体験などを通して、「聞こえない・聞こえにくい」人との関わり方について考えました。
 難聴学級の子どもの祖母さんも参観しましたが、子どもたちがいろいろと考えてくれていることや難聴学校の先生のお話が参考になったことがうれしかったと、涙ながらにお話ししていました。

6年学習発表会

6校時目に6年生の学習発表会がありました。
「成長、未来、感謝」をテーマに、これまでの成長を振り返ったり、学習したことを基に未来について提言したりしました。また、ソーラン節の踊りや歌の発表もありました。










お忙しい中、そして足下の悪い中、さらには寒い体育館の中で、ご覧いただきありがとうございました。

雪だるま?

 子どもは元気です。今週は毎日寒い日が続いていますが、子どもたちは元気です。吹雪の中頑張って遠くから歩いてくる子どもたちもいて頼もしい限りです。登校途中に見守り隊の方がいるので、安心して登校できていると思います。通学路や横断歩道付近の雪よせもしてくださっています。見守り隊の皆さん、寒い中ありがとうございます。

ここ3日間の子どもたちのがんばり?をご覧ください。



 

町内子ども会

もうすぐ冬休みです。これまでの登校班の反省、子ども110番の家の再確認、冬休みの暮らしについて、上学年の子どもが司会を務めるなどして確認しました。


なかよし交流会

尾崎小学校でなかよし交流会があり、尾崎小、子吉小、小友小の子どもたちが、自己紹介や歌、各校の学習発表、レクリエーションを通じて交流しました。あわてんぼうのサンタクロースが、クリスマス前にやってきてプレゼントをもらいました。


 

キャリア講話(TDK)

12月9日、TDKの佐々木さんが来校し、小友地区にあるTDKの概要についてお話いただきました。スマホや自動車をはじめ、ドローンや風力発電まで、あらゆる電気製品にTDKの最先端の技術が活用されていること、工場の広さや設備、従業員数、売り上げ、世界中に事業所があること、求める人財像などについて、わかりやすく説明していただきました。

サツマイモのお返しをいただきました

3つの福祉施設にサツマイモを贈りましたが、そのお返しにということで心のこもったものをいただきました。ありがとうございます。





ノートやメッセージ、お手紙、刺し子のぞうきんをいただきました。
ありがとうございました。


 

キャリア講話(わかばケアビレッジイースト)

6年生は総合的な学習の時間に「ふるさとを創る」というテーマで学習を進めています。今回はJA秋田しんせいに続き、最近小友地区にできた「わかばケアビレッジイースト」の社長さんと施設長さんに講話していただきました。


人々の「食」と「健康」と「暮らし」を考えた街づくりをしたいという思いを、具体化するとともに、この先の見通しについてもマル秘のお話もしていただきました。

講話が終わった後も、子どもたちが「こんなものがあれば」「こんなことをしたい」という思いを伝えに来ました。子どもたちの思いが現実になるかもしれません。

 

算数の授業研究会

12月1日、4年算数の授業研究会がありました。
階段型の図形の面積を求める授業です。子どもたちは、自分の考えをペアや小グループで交流したり、全体で説明したりしながら、長方形の面積の求め方を基に、2つの長方形に分けたり、大きい長方形から小さい長方形を引いたり、1つの長方形に変形したりして、階段型の図形の面積を求めていました。









全員集中して、取り組む素晴らしい授業でした。