教育目標

学校教育目標

    「夢を力に」

校 訓

 
            立志三訓                                           
    ○希望 ○友情 ○鍛練                                           
                                             

目指す生徒像(学力の保障・成長の保障)

○希望  「自己を正しく理解し,確かな目標をもって,努力を続ける生徒」
○友情  「相手の立場を理解し,協力し合い,互いにみがき高め合う生徒」
    「自分の大切さとともに,他者の大切さを認め,具体的な態度や行動に表す生徒」
○鍛練  「心身を鍛え,何事にも挑戦し,最後までやり遂げる生徒」

目指す学校像

○生 徒 → 学習内容がよく分かり,仲間と仲良く過ごせる魅力ある学校
○教職員 → 持ち味を十分発揮できる,やりがいのある学校
○保護者 →  自分たちの願いを受け止める信頼できる学校

目指す教師像(お預かりした子供を大事に育てる教師集団)

①生徒との関わりを大切にし,生徒に語り,生徒と共に歩む人間味ある教師
    (寄り添い,教え,導く教師)
②生徒の学力向上と心身の成長のために努力する教師
③共に磨き合い,専門性を高める教師(同僚性のある教師)
④初任者とともに学ぶ教師集団
⑤保護者や地域と一体になって,生徒の成長に積極的に関わる教師
⑥働きがいと個人の生きがいを両立させ,生き生きと行動する教師

今年度の重点施策

(1)「希望」(地域に根ざしたキャリア教育・生き方教育の推進)

①「立志の学校」の精神を柱に,3年間を見通した,計画的な「生き方指導」 を行う。
②ふるさと教育を基盤としたキャリア教育を充実させ,地域とともにつくる職 場体験活動や進路学習などを計画的に実施する。
③地域の中から問いを見いだし,自分で課題を立て,情報を集め,整理・分析 して,まとめ・表現できるよう総合的な学習の時間の充実を図る。

(2)「友情」(自他を尊重する心の醸成,人権教育)

①学級づくりに力点を置き,心の通い合う学級を育て,生徒の居場所づくりに ついて全教職員で確認・実践する。
②特別活動,特に生徒会活動を充実させ,協力し合い,高め合う生徒集団をつ くる。
③「特別の教科 道徳」を見据えた授業を展開し,道徳的な判断力や心情,実 践意欲と態度を育てる。(道徳教育の重点:項目1-(2)希望・強い意志,項目2-(3)友情・信頼,項目1-(3)鍛練・自律の精神)
④「自分の大切さとともに,他者の大切さを認める」を目標に,人権意識の高揚を図る。

(3)「鍛練」(心身を鍛え挑戦しようとする人材の育成)

①「育てたい資質・能力」を授業の中に位置付け,「ゆさぶりの工夫」と「学 び合いのコーディネート」により,確かな学力を身に付けさせるとともに,「『問 い』を発する子ども」を育成する。
②各種競技大会やコンテスト,コンクール等に積極的に挑戦させ,自己の力を 確かめ,さらに高めていけるよう支援していく。
③「期の集い」などで生徒に自分の考えや目標などを発表する場を与え,相手 意識をもって分かりやすく話すことと,自分自身に自信がもてるよう支援す る。

(4)ESD(持続可能なふるさとを創生するための教育))

①人格の発達や,自律心,判断力,責任感などの人間性を育む。
②他人との関係性,社会との関係性,自然環境との関係性を認識し,「関わり」,「つながり」を尊重できる個人を育む。
③環境学習,エネルギー学習,防災学習,国際理解学習,平和や人権等のESDの対象となる様々な課題への取組をベースにしつつ,環境,経済,社会,文化の各側面から総合的に取り組む。

 ESD学年別単元一覧表( ← PDFファイルをダウンロードできます)






(5)創造力の育成を基盤としたカリキュラム・マネジメント

①各教科等,学校行事におけるルーブリック評価の活用
②創造力育成につながる重点的な単元構成の開発
③生徒にゆだねる場面の意図的設定