教育目標

 学校教育目標

心豊かにたくましく,自ら学ぶ子どもの育成

(1) 目指す学校像

① 学ぶ喜びに満ちあふれている学校
② 互いのよさを認め合い,一人一人の安らぎの居場所がある学校
③ 家庭や地域に開かれた活力ある学校
④ 児童の安全と生命を最優先した学校

(2) 目指す児童像 「顔はひまわり 心は思いやり」

① 進んで学び,よく考え,表現力豊かな子ども (知)
② 思いやりがあり,礼儀正しく責任感のある子ども(徳)
③ 心身ともに健康で,明るくたくましい子ども (体)

(3) 目指す教師像 「和顔愛語」

① 専門職としての自覚をもち,力量の向上を目指して研修に努める教師
② 児童の学力と人格の形成に責任をもち,人を育てることに全力を尽くす教師
③ 児童の姿から学び,人間的ふれあいを深め,感動を共有することのできる教師
④ 人間性豊かで,児童・保護者・地域社会から信頼される教師

経営の重点

(1) 共通実践を通した全教職員による児童理解

○ 日常の全校一斉活動(朝の歌・ランランタイム・歯磨きタイム・清掃・なかよしタイム等)及 び委員会活動・クラブ活動における児童の姿をとらえ,全職員で全校児童を育てるという視点をもって,学年の枠を超えて児童の実態に関わる情報交換を行い,指導に生かす。
○ 全校児童のあらゆる活動の場面をとらえて,全職員で励まし,元気づけながら,たくましく挑戦し続ける態度を育てていく。

(2) 特色ある教育活動の継続・発展

① 「対話」の推進
・ 国語,算数の授業を中心として,「対話」の活動を日常的に取り入れた授業を行うともに,わくわくタイム(学級,学団,全校)の充実を図り,共感的理解と表現力の向上を図る。
② 総合的な学習の充実
・ 日住学習(ホタル,絆の茂里)や日住集会の充実を図り,進んで調べ,考え,発信する活動を通して,問題解決力の向上とふるさとを愛する態度を育成する。
③ 読書活動の推進
・ 読書のめあての設定と読書記録カードの活用を通して読書への意欲を高める。
・ 毎月,23日前後に「親子読書の日」を設定して,家庭と連携しながら子どもの読書活動の機会の充実及び読書活動の習慣化を図る。
・ 読み聞かせボランティア,学級担任による読み聞かせ,上学年児童による読み聞かせ等,多様な読み聞かせの活動を通して,本に親しむ機会の充実を図る。

(3) 石沢型授業モデルに基づいた問題解決的な学習の推進

○ 学習課題をつかむ段階から学習を振り返る段階まで文脈をもって完結させる学習活動を積み重ねる。
○ 「授業プランニングシート」を活用し,ねらい,学習課題,学び合いの方向性,発問の内容,まとめの内容,評価問題などを,ねらいの達成という道筋の中で整理する。
○ いろいろな学習場面で「対話」を活用し,自分の考えを人との関わりを通して広げ,深めるといった活動の充実を図る。

(4) 地域とともにある学校づくり

① あいさつ運動の推進
 「顔はひまわり 心は思いやり」の合い言葉と「石沢五つのことば」(おはよう・こんにちは・ありがとう・すみません・さようなら)を推奨し,積極的に地域の方々と関わろうとする態度を育てる。
② 学校を開く活動の推進
 保護者や地域の方々が学校行事等へ参加しやすい体制を整えるとともに,保護者や地域の方々が指導者や協力者としての積極的な活用を図っていく。また,学校報,CSだより,ホームページ等により,積極的に情報を発信する。
③ 地域・地域関係機関との連携・協力体制の充実
 地域の文化祭,音楽祭,敬老会等,児童・職員の地域行事への積極的な参加を推進するとともに,地域をフィールドとした学習を積極的に計画し,実感的で体験的,総合的に学ぶ場の充実を図る。