経営の基本方針

 

経営の基本方針

学校の責務である,子どもの「成長の保障」と「学力の保障」について質的向上を図る。そのために,本県の学校教育が目指す「豊かな人間性を育む学校教育」及び由利本荘市学校教育の基本目標「人間性豊かで進取の気性に富む,たくましい子どもの育成」を踏まえ,教職員の同僚性の育成と資質向上を図りながら,「心の教育の充実」,「たくましい心と体の育成」及び「基礎学力の向上」を基本とする学校経営に邁進したい。

 (1) 生徒を主体とした経営の推進

「子どもあっての学校」の原点に立ち,生徒の主体性を育む学校経営を推進したい。「成長の保障」「学力の保障」を質的に高めながら,学校が全ての生徒にとって「安心」「安全」で「生き生き」と生活できる場であることを土台とし,生徒個々が主体的に自己を表現し,協働的に物事に取り組もうとする生徒の育成を目指した学校づくりを推進していきたい。     

 (2) 同僚性に富み,共に学び共に進もうとする教師集団の形成

 一人一人が学校組織の一翼を担うという自覚をもち,自らの資質向上を目指すようにしたい。そのために一人一人が研究と修養に努めるとともに,より良いコミュニケーションを図りながら切磋琢磨する同僚性を育み,生徒と教師,教師同士が共に学び共に進もうと意欲をもって取り組む教師集団を目指したい。                 

 (3) 家庭や地域との連携を深め,信頼される学校づくりの推進

学校での実践や考え方を積極的に公表したり,保護者や地域の声も活かした学校経営に努め,情報を共有し双方のより良い関係を築きながら,学校への信頼感を高めていきたい。そのためにも学校と家庭・地域の関係において,「寄り添った丁寧な関わりあい」を通じて,地域にありがたがられる楽しく潤いのある学校づくりを目指したい。


                     
以上を基本方針として,「信頼される学校づくり」に取り組む。
キーワードは「関わりあい」,合い言葉を「チームワーク・ネットワーク・フットワ ーク」とし,
                                  
            【生   徒】  毎日が楽しいと思える学校                               
            【保護者】  通わせて良かったと思える学校                    
            【地   域】  協力して良かったと思える学校                           
                                 
を目指す。