「令和2年国勢調査」調査員募集のお知らせ

1.調査の概要
 国勢調査は5年に一度行われる、人口と世帯に関する最も基本的で重要な調査です。大正9年(1920年)に始まり今回で21回目、100年の節目となります。
 由利本荘市では、市内を概ね660調査区に分けて、そこに居住しているすべての人(外国人を含む)及び世帯を対象とし、調査員が訪問して調査します。

2.調査の期日
 令和2年10月1日(木)午前0時

3.調査員の要件
(1)20歳以上で、最後まで責任をもって調査活動をしていただけるかた
(2)調査内容の秘密を守れるかた
(3)「警察」、「選挙」に直接関係のないかた
(4)暴力団員、その他の反社会的勢力に該当しないかた

4.調査員の仕事
(1)1~2調査区(1調査区平均70世帯前後)を担当
   ※調査区の世帯数は地域によって幅があります。
(2)スケジュール
   8月下旬~9月上旬   調査員事務打合せ会に出席(約2時間30分)
   9月上旬~9月中旬   担当調査区の確認、要図の作成
        9月中旬   調査票等の配布
       10月上旬   調査票の回収(インターネット・郵送回答以外の世帯)
       10月下旬   調査関係書類を市へ提出

5.調査員の身分
  市長の推薦に基づき、総務大臣が任命する非常勤の国家公務員

6.秘密の保護 【調査で知り得たことは、絶対ほかの人に話してはいけません。守秘義務があります】
 調査の結果知り得た情報を保護することは調査の基本であることから、統計法にも規定されており、調査員を含めた関係者が秘密を漏らした場合は罰則(2年以下の懲役または100万円以下の罰金)が適用されます。また、任命期間中は国家公務員であることから国家公務員法に規定される守秘義務も適用されます。

7.報酬(予定)
(1)1調査区を受け持った場合で約3万6千円程度。
(2)2調査区を受け持った場合で約7万円程度。
  (報酬額は、受け持ち調査区内の世帯数によって変動します。)

8.採用決定
(1)市の統計調査を初めて行うかたは、面接をしたうえで決定します。
   面接の際は、自動車運転免許証又は健康保険証など本人を証明するものを持参してください。

9.応募方法
 応募される方は総合政策課統計班までお問合せください。
 総合政策課統計班:℡ 0184-24-6227