農業者年金受給権者現況届の提出

 現況届は、年金を受給するために必要な毎年の手続きです。現況届の用紙は、5月下旬に農業者年金基金から受給権者の皆さまへ直接送付されます。
 同封の案内に従い、必要事項を記入・署名して、6月30日までに農業委員会事務局もしくは各総合支所産業課の担当窓口へ提出してください。
 現況届の提出を忘れると、11月から年金の支払いが差し止められますのでご注意ください。

■受付期間
 6月1日 火曜日から6月30日 水曜日まで

■提出先
 広域行政センター3階 農業委員会事務局
 各総合支所 産業課

■提出について
 受給権者ご本人が、現況届に記入・署名してください。(押印不要)
 受給権者ご本人が記入・署名することが困難な場合は、代理人(親族等)が記入・署名を行ってください。
 経営移譲年金受給権者および特例付加年金受給権者の場合、受給権者ご本人が農地等を取得するなどして農業を再開していないことなどを確認します。

■その他
 現況届を紛失した場合
現況届を紛失された場合は、手書き用の用紙がございますので下記の関連ファイルをご利用ください。
また、農業委員会事務局または各総合支所産業課の担当窓口にも用意しておりますので、窓口でその旨をお伝えください。

 亡くなられた方宛てに届いた場合
現況届は、提出する必要がありません。
ただし、現況届が届いたということは、農業者年金基金へ「農業者年金死亡関係届出書」が提出されていないことが原因ですので、早急にご遺族の方がお近くのJAで届出を行ってください。