首都圏への販路拡大に向けて「連携協定」を締結しています

本市産品のブランド化と販路拡大に向けて


本市では、バイヤーなどからのアドバイスなどによる商品のブラッシュアップ、フェアの開催や
販売などにより本市の首都圏PRを行っていくため、下記企業様と連携協定を締結しています。

株式会社京北スーパー(千葉県柏市を中心に8店舗)
  協定締結日:平成27年5月14日
  本市産品を扱ったフェアや料理教室の開催、バイヤーによる商品ブラッシュアップ、
  本市の情報発信に関すること など
ナショナル物産株式会社(東京田園調布、麻布など3店舗)
  協定締結日:平成29年2月18日
  フェアの開催、バイヤーによる商品ブラッシュアップ、本市の情報発信、食文化交流に
  関すること など
株式会社協和(東京都多摩市)
  協定締結日:平成29年2月18日
  農林水産物の新商品開発・加工、6次産業化の推進、ふるさと食文化の見直しと
  改善に関すること など


○市では連携協定先で定番化した商品の定着と売上向上のため、
 定番商品の事業者が連携協定先で販売促進活動を行うことを支援します。

 「連携協定先定番商品販売促進事業費補助金」
  
連携協定先で試食販売による定番商品のPRと、
  バイヤーとの商談や意見交換を行うための経費の補助
  補助率:交通費、宿泊費、送料等の1/2(1回上限5万円)

  ※詳しくはまるごと売り込み課までお問合せください。