認知症フェアin由利本荘2021

◆認知症フェア2021を開催します◆          

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気です。
 団塊の世代が75歳以上になる2025年には約5人に1人、
 2040年には約4人に1人が認知症になる可能性があります。

 由利本荘市では、認知症になっても
ご本人様やご家族様が住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、
 様々な取り組みを行っています。
 認知症に対する正しい理解をしていただくため、
また、市民の皆様に知っていただきたい情報をお届けするため、

「認知症フェア」を開催します。
 講話は予約制ですが、そのほかのコーナーは出入り自由です。
 パネルを見るだけ、15分動画を見るだけ、少し覗くだけの気持ちで、お気軽にお立ち寄りください。

詳しくはポスターをご覧ください。
 
◆◆◆   介護相談コーナー   ◆◆◆

ご自分・ご家族・身近な人の認知症や介護のことについて、相談を受け付けています。
午後7時まで開設していますので、
「平日の日中は普段都合がつかない…」「窓口まで行かなくていいけどちょっと聞きたい…」
という方は是非この機会にお立ち寄りください。
 
日 時
令和 3年 9月29日(水)
午後1時~4時まで ただし、相談コーナーは午後7時まで 

場 所
由利本荘市文化交流館「カダーレ」ギャラリー

 
※新型コロナウイルス感染拡大状況により内容を一部変更または中止させていただく場合があります。
※ご来場の際は、マスク着用・手指消毒等のご協力をお願いいたします。

申し込み・お問い合わせ
由利本荘市中央地域包括支援センター ℡:24-6324