認知症セミナーを開催します(12月14日、カダーレ)

認知症セミナーを開催します(12月14日、カダーレ)

65歳以上の5人に1人が認知症にかかる可能性があると言われており、80歳を過ぎると急激に増加します。
今回のセミナーでは、最近、地域包括支援センターへ相談が多い
「家族のもの忘れが気になったときどう対応したらいいの?」をテーマに
「認知症についての基礎知識」「受診の流れ」を学びます。
お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。

【日時】令和2年12月14日(月)
    午後1時15分から3時(受付:午後1時から)
【場所】由利本荘市文化交流館「カダーレ」ギャラリー
【内容】
  ①寸劇「気になる認知症、お父さんが心配!!」
      ~家族のもの忘れが気になったら、あなたはどうしますか?~ 
                       市地域包括支援センター職員
  ②講話「認知症疾患医療センター」の紹介と「受診の流れ」について
      秋田県認知症疾患医療センター(菅原病院内) 精神保健福祉士 武藤さん
  ③実技「認知機能改善!!軽体操」 ストレッチしながら脳トレ実践
                       市地域包括支援センター職員
※詳しくは、下記チラシをご覧ください。