由利本荘市を応援してください「ふるさとさくら基金」~ふるさと納税のご案内

ふるさと納税サイトを装った偽サイトにご注意ください
ふるさと納税を装った偽サイトが確認されています。
由利本荘市のふるさと納税(ふるさとさくら基金)のインターネット申込先は「ふるさとチョイス」と「楽天ふるさと納税」のみです。 
この2つのサイト以外でのインターネットからのふるさと納税の受付は行っておりません。
また、ふるさと納税の性質上、割引等は実施できません。
割引等が記載されているサイトは偽サイトの可能性が高いと考えられます。

平成30年10月1日返礼品の拡充のお知らせについて!!
平成30年10月1日より返礼品を202品目から222品目に拡充いたしました。
年末に向けてお蕎麦のセットや燻製のおせちはいかがでしょうか。

数量期間限定の商品が多数ありますので、お申込みはお早めに!!

↓外部サイト「ふるさとチョイス」へ移動します。
ふるさとチョイスバナー

12月から受付を開始しました!!順次お礼の品を増やしていきます!
↓外部サイト「楽天ふるさと納税」へ移動します。
楽天ふるさと納税バナー
 

1.ふるさと納税(寄附)制度とは
2.ふるさと納税(寄附)「ふるさとさくら基金」の使い道は
3.ふるさとさくら基金へのご寄附について
4.地元特典・特産品の進呈について
5.ウェルカムサービスについて
6.寄附金控除について (ワンストップ特例など)
7.ご注意ください!
 

1.ふるさと納税(寄附)制度とは

「ふるさと納税(寄附)」とは、ふるさとに対し貢献したい、応援したいと思う地方自治体へ寄附した場合に、その相当額が、翌年度の住民税から控除される制度のことで、これまでの地方自治体への寄附金控除制度を大幅に拡充したものです。
「ふるさと由利本荘」を大切にしたい、「由利本荘」の発展のために何か役立ちたいという皆様の思いを寄附というかたちでお願いしようとするものです。

☆あなたの想う自治体を応援する ふるさと納税(政府インターネットテレビ) 

2.ふるさと納税(寄附)「ふるさとさくら基金」の使い道は

 由利本荘市では、寄附金の使途を明確にするため、「ふるさとさくら基金」を設置し、下記の事業に活用させていただきます。

●活用事業

由利本荘市の花「さくら」を活用したまちづくり

由利本荘市の環境保全への取り組み

由利本荘市の次世代を担う「こども」たちへの支援・育成

桜写真 鳥海山写真 子供写真

市内全域のさくらマップの作製、さくらの植樹や保護など、観光と一体となった活力とにぎわいのあるまちづくりを実施します。

水源の涵養、地球温暖化の防止など森林が持つさまざまな機能を保つため、鳥海山麓の景観保護を実施します。

母子家庭や子育て支援、青少年健全育成など次代を担う子どもたちの活動を支援します。

 上記、3つの事業のほか、その他市長が適当と認める事業に活用されます。 

●これまでの寄附金実績と「ふるさとさくら基金」事業実績
これまでの寄附金実績と「ふるさとさくら基金」の事業実績はこちらです。 

3.ふるさとさくら基金へのご寄附について

 ふるさとさくら基金へのご寄附をご希望される方は、次のいずれかの方法によりお申し込みください。
 【注意事項】
  ●ご寄附は1口5,000円以上からお願いします。(手数料は由利本荘市が負担します)

1.申し込みフォーム(外部サイト「ふるさとチョイス」)による申し込み

1) 「ふるさとチョイス」へ移動
↓クリックすると外部サイト「ふるさとチョイス」へ移動します。

ふるさとチョイスバナー

2)「由利本荘市のすべてのお礼の品」からご希望の返礼品をクリック
3)お礼の品詳細ページで「寄付するリストに追加する」をクリック
4)サイトの案内に従って必要情報を入力してください
5)以下、お支払方法によってご案内が異なります
(1) クレジット決済(手数料無料)
   「申込み完了・お支払いご案内」の画面で「お支払いへ進む」をクリック
   必要情報を入力してください
(2) 郵便振替(振り込み手数料無料)
   「申込み完了・お支払いご案内」の画面で手続きは終了です。
   後日、由利本荘市から郵便振替用紙を送らせていただきます。

※申し込みフォーム(「ふるさとチョイス」)でお申し込みの方は、寄附申出書の提出は不要です。
 

2.メール・FAXによる申し込み

1) 寄附申出書の提出

「寄附申出書」を由利本荘市に提出してください(寄附申出書のダウンロードはこちら(PDF文書)をクリックしてください。このページの一番下にも寄附申出書(Word文書)があります。)

郵送又は送信は下記まで
〒015-8501 秋田県由利本荘市尾崎17 由利本荘市企画調整部地域振興課
電話0184-24-6235 FAX0184-23-1322 
電子メールtiiki@city.yurihonjo.lg.jp

2) 郵便振替用紙の送付

「寄附申出書」を受理した後、由利本荘市から寄附申出者へ払込取扱票付き“ふるさとさくら基金パンフレット”を郵送いたしますので、払込取扱票に必要事項を記入の上、お近くのゆうちょ銀行でご寄附ください。
(手数料はかかりません)

3) 寄附金の受領を証明する書類の送付

 入金確認後、由利本荘市からご寄附いただいた方へ、寄附金の受領書を郵送します。
 税の控除を受けることができますので確定申告時にお使いください。

4.地元特典・特産品の進呈について

5,000円以上のご寄附をしていただいた方には、寄附額に応じて、記念として地元特典・特産品を進呈します。
「特産品プレゼントリスト」からお選びください。
由利本荘市の魅力を市外にPRする観点から、地元特典・特産品の進呈は市外からのご寄附者のみとさせていただきます。
 
 ↓お礼の品をクリックすると外部サイト「ふるさとチョイス」へ移動します。

↓↓↓ 返礼品と合わせて由利本荘を楽しんでいただけます!! ↓↓↓
ふるさと納税で楽しむ由利本荘の旅「ガイドブック&モデルコース」  クリック

 

5.ウェルカムサービスについて

 県や県内各市町村の各施設が提供するサービスに「ウェルカムサーご利用いただけるビス優待券」をお贈りします。
 ぜひ、優待券をご利用いただき、秋田の自然、伝統・食文化、温泉などの魅力を再発見してください!
  詳しくは、こちら 
 ※1回の寄付金額によって、お贈りするウェルカムサービス優待券の内容が異なります。 
  10万円未満…由利本荘市内の施設でお使いいただけるウェルカムサービス優待券をお贈りします。
  10万円以上…全県の施設でお使いいただけるウェルカムサービス優待券をお贈りします。

6.寄附金控除について 

「ふるさとさくら基金」に対する寄附金のうち、適用下限度(2,000円)を超える部分について、一定限度額まで所得税と合わせて控除されます。
(控除を受けるためには確定申告が必要です。詳細は、最寄の税務署か居住する市区町村税務担当へおたずねください。)

○住民税の控除(①と②の合計額を税額控除)

①【ふるさとさくら基金に対する寄附金-2,000円】×10%
②【ふるさとさくら基金に対する寄附金-2,000円】×【90%-所得税率(0~45%*)】(個人住民税所得割額の2割が限度)
*寄附者に適用される所得税の限界税率。平成26年度から平成50年度については、復興特別所得税を加算した率となる。

○所得税の控除(所得税の所得控除による税額軽減)

【ふるさとさくら基金に対する寄附金-2,000円】×所得税率(0~45%*)
*寄附者に適用される所得税の限界税率。平成26年度から平成50年度については、復興特別所得税を加算した率となる。

 kifukinnkouzyo
 

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」について

平成27年4月1日以降に行うふるさと納税による寄附から適用される制度です。
 
確定申告をする必要のない給与所得者等の方が由利本荘市などの地方公共団体に寄附する際に、
・寄附先団体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出し、
・寄附先団体が、寄附された方の住所地の市町村へ控除申請を代わりに行うことで、
寄附金控除を受けられる特例的な仕組みです。

 〇 ワンストップ特例の対象者は次の(1)および(2)の条件を満たす方です
(1)ふるさと納税による寄附金控除を受ける目的とは別に、所得税や住民税の申告をする必要がない方
(2)ふるさと納税による寄附先団体の数が5以下であると見込まれる方 

 〇 ワンストップ特例の手続きについて

申告特例申請書の内容をよくご確認、押印のうえ、郵送等で由利本荘市地域振興課へご提出ください。
 (寄附年月日は、実際に払込みした年月日を記載してください。)

※平成28年(平成28年1月1日)以降の寄附金に係る申告特例申請には、添付書類が 必要です。
 詳しくは、「記載例・添付書類」をご確認ください。

申告特例申請書
申告特例申請事項変更届出書
記載例・添付書類

※「ふるさと納税ワンストップ特例制度」について、詳しくは、総務省ふるさと納税ポータルサイトをご覧ください。

7.ご注意ください!

 いわゆる「ふるさと納税(寄附)制度」の取り組みは、皆様の善意を形にしていただくための取り組みであり、決して寄附を強要するものではありません。
 「ふるさと納税」をかたった寄附の強要や詐欺行為には十分注意してください。
 現在のところ、ふるさとさくら基金への寄附金をお寄せいただく方法は、ゆうちょ銀行での「払込取扱票」及び「ふるさとチョイスからのクレジット決済」のみです。
 それ以外の方法による払込(例:現金自動預払機(ATM)による振り込みなど)をお願いすることは一切ございません。
 その他、寄附金の払い込みにあたり、何か不安に思うことがございましたら、「お問い合わせ先」までお気軽にご相談ください。