【由利本荘プロモーション会議】若者による由利本荘を元気にするプロジェクト!

「由利本荘プロモーション会議」メンバー募集しめきりました(一部地域のみ募集継続)

「住み続けたい、訪れてみたいと思える由利本荘市」を創る想いと実行力を持った若者が、
地域の元気創出と地域間のネットワークを創ることにより、地域のみならず市全体の活性化につなげるため、
由利本荘プロモーション会議が4月スタート予定です。
 1月末までに予想を超えるたくさんのお申し込みをいただきました!
 2月中旬までに一部地域のみお申し込みを受付いたします。
 (申し込み継続対象地域:矢島、岩城、西目、鳥海)


若者が楽しそうに活動している。それだけで地域が明るくなります。
今もイベントやサークルで楽しみながら地域を元気にしている方々がいらっしゃいます。
自分がやりたいことを誰かと一緒にすることで、人の動きが生まれ
その動きを見た人は「この地域にも賑わいがある」と感じて、明るい気持ちになります。
そして、大人が楽しめる地域は、子ども達にも魅力的な地域にみえるはず!

この会議に参加して、いま、地域で活動している人たちとも交流することで、
私たちは地元をもっと好きになれるし、
いま活動している人たちの活力にもなると思います。
仲間と一緒におもしろいことを楽しくやってみる時間は、一生の財産になります。

私たちも、あなたとお会いできることを楽しみに待っています。

 

お申込フォーム(一部地域のみ受付しております)

 矢島、岩城、西目、鳥海のチームへご参加の場合は応募することが可能です。
(1)電子申請による申し込みはコチラのリンク先から 
(2)メールによるお申込の場合は下記の項目を入力の上、tiiki@city.yurihonjo.lg.jp へ送信ください。
(2)のメールによる場合は下記の項目をご入力ください。
①氏名②フリガナ④電話番号⑤生年月日⑥職種(会社員・団体職員・主婦など)⑦郵便番号⑧住所⑨参加希望地域(本荘、矢島、岩城、由利、大内、東由利、西目、鳥海、全体)⑧参加理由⑨(あれば)実践してみたい活動⑩この会議を何で知りましたか?(DM、市HP、チラシ、知人から、SNS、その他)⑪その他自由記載 
3営業日以内にメールの返信がない場合、セキュリティの都合でメールが市役所に届いていない可能性があります。
返信がない場合はお手数ですが、電話(24-6231)での確認か(1)のリンクから電子申請でお申込みください。

例えばこんな理由で・・・

例えば、こんな参加理由・・・

「楽しくこの地域で何かやってみたい」
「自分のやっていることを広げたい」
「無理せず同世代で活動してみたい」
「自分の趣味を活かしたい」
「異業種の人と交流したい」
「協力できることに参加したい」 など


活動内容(詳細は後述)

⑴  地域活性化や課題解決に関して実施される事業への参画、協力及び実践活動
⑵  地域の情報発信やPR
⑶  市事業に関する提案及び参画
⑷  参加者同士や地域との交流
⑸  そのほか地域振興となること

 若者らしい面白いことを考えてみましょう!
例えば
〇〇のライトアップ
謎解き宝探し
婚活イベント
地域で収入を得る活動
コスプレで地域や由利本荘市のPR動画
遊び場づくり・・・山や川での遊び方
〇〇女子会イベント
サンタが施設を巡る
 などなど

活動内容

 中心となる活動は1年目に活動してみたい内容の計画づくりの話し合いと、2年目に実践活動です。
 メンバー同士のネットワークづくりも目的の一つになっています。懇親会もありますが自由参加です(「参加しないの~?」などの欠席しにくい雰囲気にもしないようにします)。

あくまで予定で、参加者の考えや活動内容によって変更があります。
 ◎1年目の活動例
1回目 (全体での会議)ほかの自治体の実践者の話。何を2年目にしたいかを班で話し合い
2回目 (全体での会議)話し合いのやり方に関する勉強または、実践者の話。2年目に何をするかを具体化
3回目 (個別または合同会議) 2年目の企画を具体化・・・進め方のモデルを用意
4回目 (個別) 地域の人との意見交換
5回目 (個別または合同) 2年目の計画に関して講師を招いたり、ほかの自治体へ視察
6回目 (全体での会議)2年目の活動内容を他の班と情報共有と意見交換
 

 

由利本荘プロモーション会議の詳細

1,要件

①年齢 20歳~40歳(令和4年4月1日現在)
 支援的な役割を担えるなどの場合は年齢要件に例外があります。

②住所 市内に在住、在勤もしくは在学する者又は本市にゆかりのある者とします。

③パソコンまたはスマートフォンの使用ができる方
(メールでのご連絡や情報共有をします)
④応募多数の場合は、年齢、性別、地域などにより選考させていただきます。

2,任期

2年(年間6回程度を想定)。基本的に平日夜間2時間程度。参加者の都合で調整します。
可能な範囲での参加でかまいません。

3,定員

本荘地域15名 本荘地域以外(矢島・岩城・由利・大内・東由利・西目・鳥海)は各10名
※各地域の参加人数等の状況により変更となる場合もあります。

4,交通費の支給

 1回の参加につき 2500円(予算状況によっては変更があります)
 オンラインでの参加の場合は支給の対象外となります。

5、初回までの予定

 2月下旬 メンバー確定
 3月上旬 第1回の会議日程をお知らせします。
 4月   第1回会議開催予定

6,その他

①会議には子どもと一緒の参加も認める。オンラインでの参加も可能(オンラインは費用弁償なし)
②会議は旧町単位での実施や合同での開催をします。
③所属は基本的には、旧町単位での所属を予定しておりますが、参加人数や活動内容、参加者の意向などを勘案して運営します。

7,申込方法

申込は電子申請またはメールでお願いします。
一部の地域のみで応募を受け付けております。
(申し込み継続対象地域:矢島、岩城、西目、鳥海)