【開催方法変更】コミュニティ生活圏形成事業由利本荘市報告会を開催します

コミュニティ生活圏形成事業 由利本荘市報告会

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、本報告会は参加者を限定して開催することといたしました。
石沢地区にお住まいの方のみがご参加いただけます。
ご了承ください。



秋田県では、人口減少や少子高齢化が進む中、集落における日常生活に必要なサービス機能を維持・確保していくため、複数の集落による新たな生活圏である「コミュニティ生活圏」の形成を図る取組を実施しています。
このたび、コミュニティ生活圏の形成に向けて、石沢地区の皆様が取り組んだ内容の報告会を開催します。
「ずっと暮らし続けられる地域」をつくるための取組に、耳を傾けてみませんか?
 

【第1部】講演

演題:2020年代は田園回帰の時代~由利本荘市地区別人口予測の概要と全国的な先進事例の紹介~
講師:藤山 浩 氏 (一社)持続可能な地域社会総合研究所 所長

【第2部】パネルディスカッション

テーマ:コミュニティ生活圏の形成に向けて~今こそ定住と暮らしの土俵をつくる!~
(1)石沢地区からの取組報告  
     発表者:石沢地区住民2名
(2)パネルディスカッション ~次世代の定住増加への課題や手法、そして地元での暮らしを支える仕組みについて~
     パネリスト:石沢地区住民2名、市移住相談員、市職員

【今年度の石沢地区の取り組み】
◆令和2年9月18日 第1回ワークショップ「石沢地区の人口安定化を考える」 17人参加
 石沢地区の人口推計をもとに、人口減少をゆるやかにするためには子育て世代等がどのくらい住む必要があるのか考えました。
◆令和2年11月13日 第2回ワークショップ「石沢地区の地元天気図づくり」 18人参加
 子育て世代が住む上での地域の強みや地域に何が必要か、どんな取組を地域でしたいかを話し合いました。

参加申込

地域振興課まで電話、FAX、Eメール、申し込みフォーム(こちら)のいずれかの方法でお申し込みください。
※FAX、Eメールの場合は参加申込書をご利用ください。

〈お願い〉

駐車場は、シーガルまたは西目総合支所をご利用ください。