産学官連携でスマートストア実証実験を行います

市では、公立大学法人秋田県立大学、東日本電信電話株式会社秋田支店、テルウェル東日本株式会社、並びに、みちのくキヤンテイーン株式会社と協力して、スマートストア・システムを用いた無人運営の実証実験を10月20日から2ヶ月間、秋田県立大学本荘キャンパス内でスタートしました。
テープカットの様子

10月20日 木曜日に行われたオープニングセレモニーでは、湊市長をはじめ関係者でテープカットを行い、メディア説明後、一般利用がスタートしました。

スマートストアは、上記5者による共同実験で、働き手不足の解消、感染症対策の非接触ニーズ、小売店の撤退地域における買い物弱者等の支援を念頭に、住み慣れたところに誰もがいつまでも安心して暮らすことができる田園都市を目指すための解決策のひとつとして、実施したもので、NTT東日本によれば、自治体と大学によるスマートストアの実証実験は、日本で初めてとなります。

スマートストアは、販売要員及びレジ要員を置かず、入店から商品選択、セルフレジ決済、退店までを利用者ご自身のスマートフォンのみで完結する仕組みで、防犯カメラ、入退店ゲート及び入店履歴分析等によりセキュリティを確保し、専用アプリを使用して入出店管理と買い物をコントロールします。

スマートストア店内の様子


<実験概要>
(1)設置場所:秋田県立大学本荘キャンパス内クラブハウス横
(2)実証実験期間:令和4年10月20日から令和4年12月20日までの間
(3)みちのくキヤンテイーン株式会社

決済ブランド最新チラシ縦書き(セルフレジ版)