由利本荘市行政改革大綱(第1次)および集中改革プラン

市では、市民ニーズに一層適切に対応していくため、市民代表で組織する「市行政改革推進委員会」の意見を伺いながら、事務事業の見直しをはじめとする行財政の総点検を行い、「由利本荘市行政改革大綱」とその具体的な指針として「集中改革プラン」を策定しました。
 同大綱及び同プランの計画期間は、平成17年度から平成21年度の5年間で、重点事項として下記に掲げる14項目を設定し、積極的に行政改革を推進していきます。

■重点項目
1、効率的な事務事業の推進
2、時代に即応した組織・機構の構築
3、定員管理及び給与の適正化の推進
4、人材の育成・確保
5、行政サービスの向上
6、市民とのパートナーシップの確立
7、公共工事のコスト削減と入札・契約手続きの改善
8、電子自治体の推進
9、行政評価制度の効果的・積極的な活用
10、経費の節減合理化等財政の健全化
11、指定管理者制度の活用
12、第三セクターの整理・統合、合理化の推進
13、公正の確保と透明性の向上
14、公営企業・公社の経営健全化

 ※ 集中改革プランは、平成20年3月に一部改正しました。