市長のフォト・ダイアリー(平成26年12月)

   本年も「市長室からこんにちは」をご愛読いただき、ありがとうございました。

   平成27年が市民の皆様にとりまして、輝かしい夢と希望に満ち溢れた1年となりますことをご祈念申し上げます。

                                     由利本荘市長 長谷部 誠



12月26日(金)
年末にあたっての職員訓示(正庁)

・JA秋田しんせい 畠山代表理事組合長ほか年末のご挨拶(応接室)
・五役・部長・支所長会議(応接室)
・関係機関へのあいさつ回り


12月25日(木)
 阿部米造さんが満100歳を迎えられました(阿部様宅)
   東由利地域蔵の阿部米造さんがこの日、満100歳を迎えられ、ご自宅を訪問し、賀詞を贈呈してまいりました。

  阿部さんは、6人兄弟の次男として、大正3年に旧本荘市山内の三ツ方森集落でお生まれになりました。

   昭和14年に阿部家に婿養子として入り、妻トキエさん(故人)との間に4人の子を授かりました。

   農業を営むかたわら、冬期間は出稼ぎに出るなどして生計を支え、60歳を過ぎた頃からは、義母が経営していた現在のタバコ店を引き継ぎ、奥様とともに経営してきたそうです。

   現在も朝9時には、自宅から歩いて5分ほどのタバコ店に弁当持参で出かけ、店番をするのが日課となっています。

   店を訪れるお客さんや近所の方と話しをするのが好きで、それを生きがいにしているようだと、同居している長女の英子さんが話しておりました。
 
   健康にご留意され、末永くお元気でお過ごしくださることを祈念いたしております。
 



12月25日(木)
・平成26年末における各総合支所への訓示(各総合支所)
・本荘由利広域市町村圏組合議会12月定例会(広域行政センター)


12月24日(水)
平成27年度予算に対する市議会各会派提言(正庁)


12月22日(月)
五役会議(市長応接室)

12月21日(日)
眞坂 孝衛氏 旭日双光章受章を祝う会(鳥海荘)
   町議会議員などを務められた鳥海地域の眞坂孝衛さんが、長年にわたる地方自治の発展への功績により旭日双光章を受章され、鳥海荘で盛大に祝賀会が開催されました。

   眞坂さんは、昭和55年3月から平成17年10月まで、7期25年7ヶ月の長きにわたり、鳥海村議会議員、鳥海町議会議員、由利本荘市議会議員を務められました。

   町議会議員在任中は、産業経済委員長、議会副議長のほか、平成8年から平成10年までは議会議長を務められ、由利本荘市議会議員として退職される平成17年10月まで、農村の環境改善をはかり、安全で快適な生活の実現と福祉の向上に心血を注がれました。

   平成7年の生産物直売所建設事業では、直売所の設立に向けて、関係機関と熱心に協議を進められ、農業所得の向上と農業振興の推進に尽力されたほか、温泉資源を活用した観光拠点の整備にも力を注がれ、地域経済の発展に大きく貢献されました。

   眞坂様には、今後とも健康にご留意され、なお一層のご活躍をお祈りいたしますとともに、さらなるご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。


12月19日(金)
厚生労働大臣表彰並びに全国社会福祉協議会会長表彰 受賞報告(応接室)

【長年にわたり民生委員・児童委員として社会福祉の推進に
ご貢献いただきありがとうございます。】

【厚生労働大臣表彰を受賞した柳原誠一さん(右)と
全国社会福祉協議会会長表彰を受賞した白幡忠美さん】


12月19日(金)
(公財)ソロプチミスト日本財団 学生ボランティア賞 受賞報告(応接室)


【ヒマラヤプロジェクトの活動状況を報告いただきました】
 


【県立大生の小野さん(右)と国際ソロプチミスト
本荘の工藤会長】


12月19日(金)
市外部評価委員 評価報告書提出(応接室)

【谷内委員長(県立大学)から市主要事業についての
外部評価報告書を提出いただきました】


 


12月19日(金)
秋田県市長会 市職員永年(30年)勤続表彰伝達式(正庁)

12月18日(木)
東京医科大 後藤田卓志医師ほか面会(応接室)

【ピロリ菌抗体検査の研究内容について説明を受けました】

【右から草野助教、後藤田先生】

・東北電力(株)本荘営業所 信田所長ほか面会(応接室)
・石脇財産区議会定例会(広域行政センター)


12月17日(水)
第4回市地域づくり推進フォーラム(カダーレ)
   地域の活力増進と連帯感の創出を目的に「地域づくり推進フォーラム」をカダーレで開催いたしました。

   第4回目となるフォーラムでは、各地域から事例発表のほか、県内の取り組み事例として、湯沢市と能代市の活動が紹介されました。

   市では、地域活性化を目指し、今年度から町内会・自治会へ職員が出向き、その地域の現状と課題を話し合う「町内会・自治会げんきアップ事業」に取り組んでおります。

   地域創生の先駆けとして、今後も自主的な活動を積極的に支援してまいります。

 
   



12月17日(水)
市都市計画審議会(正庁)

【学識経験者7名、行政関係委員2名に委嘱状を交付】

【総合防災公園事業に係る都市計画変更を審議】


12月16日(火)
市議会定例会本会議 閉会(議場)

12月15日(月)
五役・部長・支所長会議(応接室)

12月13日(土)
正木正氏 旭日双光章受章を祝う会(日新館)
   矢島地域の正木正さんが、長年にわたる地方自治の発展への功績が認められ、旭日双光章を受章されました。

   その祝賀会が日新館で盛大に開催され、出席してまいりました。

   正木さんは、昭和54年4月から平成17年10月まで、7期26年6ヶ月の長きにわたり、矢島町議会議員、由利本荘市議会議員を務められました。

   矢島町議会議員在任中は、総務財政、産業建設、議会運営の各常任委員長を歴任、平成11年から平成15年までは、議会議長を務められ、議会の円滑な運営はもとより、社会資本の充実や農業の近代化に尽力されました。
   また、由利本荘市誕生後は、矢島地域協議会長として、合併後の様々な課題に対し、その卓越した統率力でまとめられたほか、地域コミュニティの形成に大きく寄与されました。

   合併から10年を迎えようとしている本市においては、人口減少や少子高齢化が重要な課題となっており、正木様には、今後とも健康にご留意され、なお一層のご活躍をお祈りいたしますとともに、さらなるご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

【正木 正氏】

 



12月13日(土)
海士剥津波避難タワー竣工式(海士剥公民館)
   西目地域海士剥地区に東北で初となる津波避難タワーが完成し、地元町内の皆様などにご出席いただき現地で竣工式を執り行いました。

  このタワーは、県が発表した津波想定で津波高、津波到達時間、近隣の高台の有無を考慮し、同地区へ設置したもので、鉄骨2階建て、高さ3メートル、広さ42平方メートル、最大60人が避難できます。

   竣工式前には、地元町内、消防、市関係者約100名が参加し避難訓練を実施。タワーまでの経路や誘導の手順を確認しました。

   この津波避難タワーが、津波から命を守る要となり、さらには、日頃の防災意識の高揚を図るシンボルとなることを期待しています。

   今後とも、地域の主体的な避難行動の確立と「防災・減災のまちづくり」の推進に取り組んでまいりますので、なお一層のご理解とご協力をお願いいたします。
 
   


12月12日(金)
・廣瀬産業株式会社 廣瀬会長ほか面会(応接室)
・石脇財産区山林祭懇親会(小園旅館)
・子吉財産区山林祭懇親会(小園旅館)

12月11日(木)
本荘地域三ツ方森集落における「根花粉(本わらび粉)」生産の取り組み報告(応接室)
   本荘地域と東由利地域の境、標高250メートルに位置する三ツ方森集落(5世帯8人)で、わらびの根から採れる根花粉(ねばなこ)の生産に取り組んでいらっしゃる町内会長の猪股保さん、節子さんご夫妻がその報告にお越しくださいました。

   平成22年度に県庁で過疎化集落の活性化対策を担当していた本市の小野副市長が、地域の座談会で年長者の女性から「昔作っていた根花餅がおいしかった」との話しを聞いたことからこの取り組みがスタート。
   猪股さんは、「試行錯誤を繰り返しながら、わらびの根から高純度の良質な『わらび粉』を抽出することに成功し、京都の菓子材料の卸業者と取り引きするまでにいたりました」と、これまでの経過を報告くださいました。

   大量生産などの課題も多くありますが、他の集落や若い人たちの力を借りながら、集落の活性化に繋げていきたいとも話しておられました。

   市としても、このような地域おこしのための取り組みに対し、今後も積極的に支援してまいります。

【昨日、雪の中から掘り出した「わらび根」】

【わらび餅を試食】

【猪股さんご夫妻と】


【わらび根】

【根花粉】

【わらび餅】



・国土交通省東北地方整備局秋田河川国道事務所 鈴木所長ほか面会(応接室)


12月10日(水)
株式会社ユーラスエナジーホールディングス様より図書を寄贈いただきました(応接室)
   西目地域で風力発電事業を行っている株式会社ユーラスエナジーホールディングスが、現地法人「ユーラス西目ウインドファーム」の稼働10周年を記念して、図書を寄贈してくださいました。

   贈呈式には、同社代表取締役の清水様はじめ3名が出席くださり、図書191冊(約30万円)の目録をいただきました。

   寄贈図書は、市内全図書館で活用させていただきます。

   今後とも各種再生可能エネルギーの推進に向けて、積極的に取り組んでまいります。

   ありがとうございました。

 

 

【清水社長と】



・北都銀行 斉藤頭取ほか面会(応接室)
・県農業公社 三浦理事長ほか面会(応接室)

12月9日(火)
市財産区連絡協議会 議員・委員大会(ホテルアイリス)

・平成27年度当初予算 各部要求概要説明(応接室)

12月8日(月)
・五役会議(市長応接室)

12月7日(日)
石脇地区行政懇談会(石脇公徳館)

[主要事業、石脇地区の話題などを説明]

[町内役員など約100名が参加]


12月5日(金)
一般質問(議場)
発言順5番 三 浦  秀 雄 議員(無所属)
発言順6番   佐々木 隆一 議員(日本共産党) 
発言順7番 伊 藤  岩 夫 議員(公明党)
発言順8番 渡 部      功 議員(創風)


12月4日(木)
一般質問(議場)
発言順1番 伊 藤  順 男 議員(高志会)
発言順2番   佐 藤      徹 議員(市民クラブ) 
発言順3番 吉 田 朋 子 議員(市民クラブ)
発言順4番 土田 与七郎 議員(高志会)


12月1日(月)~12月3日(水)
・一般質問答弁調整(応接室)

12月1日(月)
・五役会議(市長応接室)